フィリピン絵画制作記14 フード・イン・フィリピン(下)

フィリピン絵画制作記
1 2 3 4 5 6 7 8 9 
10 11 12 13 14 15 16

絵画制作の話もなくムダに続いている「フィリピン絵画制作記」ですが、本日来客のため、またも「食」の写真UPをいたします。

上は「goldilocks」というフィリピン料理とスイーツのお店のチェーン。
中華料理のチェーンみたいですが、クライアントさんのご指摘ではどうやら違ったようです。甘いみたらし団子みたいなソースで食べるケバブですが、ここはスイーツが充実して人気です。

回転を良くするためか、食べ終わった食器は、給食の配膳箱みたいな大きなプラスチックの箱に一切合切を入れて、あっという間に片付けます。
この方法、日本でも採用すると良いのでは?

いかんいかん、一瞬の「瞬」の字を間違えて書いとる(だったら直せって?)

こちらはマニラホテルのマカロンタワー。
フィリピン人はホントに甘いものがお好き♪

↑ そして、こちらがフィリピン料理のチェーン店「Cabaren」のビュッフについてるマシュマロ。これをチョコレートフォンデュで食べるのですが、さすがに私はこれはやめておきました。

隣に座っていた大きな女の子が、山のようなおかわりしながら美味しそうに食べてました。ちょいとキミキミ。大きなお世話だけど、乙女の美容に良いとは思えないですぞ(苦笑)。

ビュッフェは皿に盛ると、こんなカンジ。

↑ 左皿のTOPに盛られたゴールドソースの料理は「カレカレ」という、フィリピン料理を代表する一皿。牛のオックステールやモツを野菜とピーナッツソースで煮込んだ、濃厚きわまりないもので、痛風持ちには味を見るくらい(笑)。

このカバレンというチェーン店では、カレカレが自慢だそうです♪


今まで何度かUPしました、子豚の丸焼きもフィリピン料理自慢の一品。スペインにも同じ丸焼き料理があるので、おそらくはそこがルーツなんでしょう。

↓ そしてこちらはフィリピンスイーツの数々。一見、肉と野菜をいためた中華に見まごう感じですが、砂糖がタップリ効いた甘味は強烈!
すべてケータリングで扱っているそうです。

↓ そして、こちらがフィリピンで最も手頃な中華ファストフード、「Chowking(超群)」のワンタン麺。日本のラーメンに近い感じで、けっこうイケます。

最終回は明後日の予定。

明日は気が向いたら、このブログでアクセスの多い同性婚の話をするかも。
フィリピンに行って、やや考えが変わりましたので。

フィリピン絵画制作記
1 2 3 4 5 6 7 8 9 
10 11 12 13 14 15 16

 

フィリピン絵画制作記14 フード・イン・フィリピン(下)” への2件のコメント

  1. 小さな訂正です。goldilocksはフィリピン料理とスイーツのお店です。12月31日午後にケーキを買いに行ったら完売でした。

  2. 大澤さん、こんにちは!

    ご指摘ありがとうございます!
    修正しましたので、ご角煮んくださいませ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>