早稲田・双美堂の閉店セールに行きました。

一昨日、Twitter経由で早稲田の双美堂という画材屋で、閉店セールですべて半額で売っているという情報を入手しました。

油絵具というのは相当に持ちの良いもので、私が中学3年の時に初めて油彩を描いた絵具は、母が結婚前に買いそろえていたものでした。逆算すると最低で15年前、もしくは20年くらい前の油絵具でした。

私の持っている油絵具も、20年くらい前に買って残っているものがザラにあります(しかもフタがない状態)。見た目がゴミのようになっているものも少なくないのですが、買い替えようと考えていた矢先でしたから、丁度良いタイミングでした。

もちろん22日のアートイベントは4日後なので、今さらそれに必要な絵具があるわけでもありませんが、幸い、絵を見るのも描くのも好きな家内が一緒に来てくれるというので、強風吹きすさぶ中、早稲田と高田馬場の間にある双美堂に潜入いたしました。

芋を洗うごとくの行列が出来ていた店内。
ふと店主を見るとツイッター情報の通り、かなりなご高齢で、絵具や筆のお値段はすべてそろばんをはじいて計算しておりました。
経営が成り立たないで閉めるというのではなさそうで、年齢的にお店を続けるのは難しいのでしょうね。

写真を見てもわかるように、絵具はほぼ売り切れ状態でしたが、カドミウムレッドやコバルトブルーなど、高額の絵具が意外に残っていてげっと!
半額セールと言いながら、値上げ前の値段でしたから、実際は6割引くらいの感じ。

店主も「ああ、この絵具は高いよね。こっちはもっと高い」とお喜びだったようなので、最初で最後の訪問とはいえ、ご奉公できた感じで良かったです。

早稲田からは新宿の世界堂に寄って、買えなかった絵具と絵画教室に使う紙を購入。
22日のイベントまでわずかですが、特別な準備はせず、できたところユル〜くで出す予定です。

どうぞふるってご参加くださいませ!