最近なかったディープな店、その名も「代々木ラーメン・きぬちゃん食堂」!

久々の食レポです。

え、いつもしてるじゃないかって?
いえいえ、最近は写真のみのUPで食レポというのには、ホド遠い記事ばかり。

JR代々木駅西口を背にして30秒、学園祭の模擬店みたいな店がそこにあります。

友だちの女性が、別の友人に「代々木に気になるディープな店があるんだけど、一人じゃ、とても入れないからつきあって」ということで入ったお店ですが、私自身は行くのも見るのもはじめて。

大江戸線代々木駅から、JR代々木駅西口まで歩いていったので、この入り口を通り越していったのですが、「まさか、この店じゃないだろうな」と思いつつ、前を通過していたのでした。

果たして店内は・・・
↑ ウナギの寝床のような奥深い店内、一番奥から入り口を撮影した様子です。

テーブルの横には、こんなお品書きが。意外に日本酒、良い品揃えですが、この店で一番高いのが日本酒なんですね。

↓ 最初に出てきたハムエッグにまずびっくり!

スーパーで売ってるフツーのハムですが、裏表合計10枚使ってます。
卵はいったい何個使ってる?

二度目を注文したら、今、卵買いに行ってるので今のところ品切れだって。
オムレツはしっかり出てきましたが(笑)。 

↓ ここで刺身は注文したくないって言いつつ、ついつい頼んでしまった締め鯖♪
回転が良いのか、新鮮で美味しいです♪

店員はほとんどがミャンマー人でしょうか。
Tシャツの上にメニュー表をガムテープで貼付けて注文を取ってます。

オーナーさんは外国人みたいな怪しい日本人でした。

ハムカツ、ポテトフライ、もやし炒めは普通です(笑)。

↓ そして圧巻が「大盛り カレー焼きそばライス」
なななな、なんじゃ・そりゃって頼んだらびっくり。

店員はミャンマー人だけど、カレーはしっかり和風で焼きそばも和風、ご飯はもちろん日本のジャポニカ米で、ももももう食えん!

お腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした♡