フィリピン絵画制作記13 フード・イン・フィリピン(上)

フィリピン絵画制作記
1 2 3 4 5 6 7 8 9 
10 11 12 13 14 15 16

年が明けてしまいましたが、絵画と関係ない話でムダに長続きしている「フィリピン絵画制作記」ですが、今回は13回目になります。

クライアントの奥さまがカトリックということもあるので、「13」で終わるのは余り好ましくありません。本日は正月二日ということもあるので、人畜無害なフィリピンの外食についてUPしたいと思います。

↑↓ 上下のものはマニラの「頤和園(Emerald Garden)」の豆腐と白身魚の炒め物と、ゴーヤーと牛肉の炒め物。中華料理店ですが、完全に甘酸っぱい味付けのフィリピン料理です(笑)。

熱帯なのに辛みはもちろん、香辛料をほとんど使わないのがフィリピンスタイル。
お子さま向けの味と言えるかもしれません。

アメリカの植民地だったことが大きく、そのためファストフード店がいっぱいです。

↓ こちらは滞在中、唯一食べた日本料理店「東京東京(TOKYO TOKYO)」。

テリヤキ定食をいただきましたが、食べて一口「ウフッ」と笑ってしまう、ジャパニーズ・フィリピン料理。

ネーミングを見ても、経営者が日本人でないことはわかりますが、社長は日本の飲食店で働いていて、帰国して立ち上げた店が大成功したようです。
日本人が食べてるのは見たことありませんが、フィリピンでは大人気です(笑)。

一方、こちらはフィリピン滞在中一番美味しいと感じたファストフード店「MAX’S」。

見ての通り、フライドチキンがウリのファストフード店ですが、鶏の肉質といい、フライの揚げ加減といい、昨日今日で完成された味ではありません。

見れば「50 years Anniversary 」というポスターが店にあり、名前はスペイン系、顔は華僑の創業者が立ち上げて50年めとのこと。
ケンタッキーより油っこくなく、バナナ・ケチャップという奇妙な調味料と不思議なマッチングですが、それが不思議と旨い♪

トッピングがみな中華で、チャイニーズのメニューが多いから、やっぱり華僑の経営者かな。ちなみにフィリピンの財閥のほとんどは華僑が握っています。

でも、中国と仲が良いってワケじゃないのだから、一枚岩じゃないんでしょうね。
考えてみれば、中国共産党が嫌いで華僑になった人たちは多いだろうから、不思議じゃないですが。

↓ こちらは一番多く行った中華「Hang Chow」。
Facebookで公開したら、「杭州」という意味だろうというコメントをもらったので、杭州出身の華僑なのかもしれません。

手頃な値段と(1ペソも払ってませんけど♪)、野菜の多いメニュー。
それに見合う”適度に美味しい味”。クライアント宅から近いこともあって、1日おきか、2日おきくらいに行きました。

明日も来客があるので、まとめの最終回は難しいかも。
連続で続いてる「フィリピン絵画制作記」の間に何かはさみたくないこともあるので、また「食」の続きになるかもしれません。

よろしければお付き合いのホドを♪

 フィリピン絵画制作記
1 2 3 4 5 6 7 8 9 
10 11 12 13 14 15 16

 

フィリピン絵画制作記13 フード・イン・フィリピン(上)” への2件のコメント

  1. 7年前程、妻の妊娠出産時にマニラのコンドミニアムに一年間滞在しました、そこの階数表示は13階はもちろんありません、12階からいきなり14階になります。4階もなく、3階から5階になります。カトリックと中国経済支配が強く影響しているのでしょうか?。

  2. 大澤さん、こんにちは!

    >12階からいきなり14階になります。4階もなく、3階から5階になります。>カトリックと中国経済支配が強く影響しているのでしょうか?。

    それは興味深いですね。

    中国語でも四は悪い意味なんですかね。
    日本では最近は病室に4は当たり前に使うようですが。

    わたしも自分のことだと気にしないのですが、人さまが関わるものには気使うようにしています。

    またお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>