フィリピン絵画制作記9 授業の成績

フィリピン絵画制作記
1 2 3 4 5 6 7 8 9 
10 11 12 13 14 15 16

書き忘れてたことがありますので、今回も直接、制作とは関係のない授業のお話から。先ず、こちらはFacebookで来たコメントのやりとりです。

何だろうね、美術でも音楽でも自分を表現する場なのにも拘らず
それを成績として評価するから生徒がざわつくのかな、と思いました。

成績で評価したら少しは静かになると思うので、そうではないかと。やっぱり、面白いと思うと静かになるということだと思います。

わお!話しがかみ合ってない…と思った原因が判ったかもしれない。違うかもしれないが。自分が心のままに表現したもの、絵にしても演奏にしても、それを「54321」や「松竹梅」とランク付けされたくないよ!ヘタとかウマいとか言われて面白くない!もう表現なんてしないよ!という反抗期っぽい心の叫びをコメント欄に書いたつもりです。

そこまで考える子がいたら大したものです

いないもんかね。内心では思ってると思うよ。言語化できないだけで。

評価は気になるだろうけど。
成績つけないって、生徒に言って教えたし。
勝手に描けと。 

ほお。 

簡単に言うと成績はつけないと言って、生徒に描かせたということです。

そこまでの立場じゃないし、 いきなり絵を描けってやらせて、順位をつけるのはおかしいだろうというだけのことです。

わたしは美術に成績不要とは思いませんが、評価するにも順序というものがあると思うので、特別授業をして評価をしようとは思わなかったということ。
これが美術が必修ということになれば、話は別ですがね

明日はリパの話をいたします。

フィリピン絵画制作記
1 2 3 4 5 6 7 8 9 
10 11 12 13 14 15 16

 

フィリピン絵画制作記9 授業の成績” への2件のコメント

  1. こんにちわ。

    アイススケートのフィギュアの採点なんかも、
    とっても難しいと思いますね。

    と、師走なので、師じゃないけど、尻切れで失礼いたします。

  2. お頭さん、こんにちは!

    点数つけるって、さふいふことですな。
    じゃあ、まったくつけなくていい、
    ってことにはならないだろうけど。

    絶対なものじゃないってことでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>