「地中海式ダイエット」はイタリアの医食同源!

マンマミーア・イタリアンーと来たもんだ! 20
全29話バックナンバー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

別のエピソードは医食同源で HOME

赤坂6丁目に出来た地中海バル、アンゴロビーのジェのベーゼ。スペイン人シェフと串焼き職人によるコラボの店ですが、味のセンスが光ります♪

怒濤のペン入れが一息ついた今週ですが、セブン区議こと七戸じゅん区議の選挙の手伝いに毎日出ています。ま、手伝いといっても事務所でムダ話してるだけですが(笑)。

4期目の挑戦ということで、町の人からは「七戸さんなら大丈夫よ」と言われますが、そういうのが一番アブない。
ほかの競合候補から「七戸さんはどうせ大丈夫ですから、私に1票入れてください」と、票を取られてしまうからです。

というわけで、港区民のみなさま。

じゅん、じゅん、じゅん、”しちのへ(七戸)じゅん”を、よろしくお願いします!

マンマミーア・イタリアンーと来たもんだ! 20
「地中海式ダイエット」はイタリアの医食同源!
掲載日:2005年3月29日

まいど、まいど、イダテンのゲンさんです!

東京はそろそろ花見の季節に入ってきてるが、お客さんの住んでるトコはどんな塩梅だい? 俗に花よりダンゴなんて言うけれど、日本の花見くらい、その言葉があてはまるものはねえだろうなあ。

どうも花見の馬鹿騒ぎってえのは、今にはじまったことじゃないようで・・・落語の「長屋の花見」なんぞを聞いてもわかるように、長屋のみなさんも花を愛でるなんて無縁の話だったようだ。

ただまあ、貧しかった昔のこと。落語の花見じゃ、酒が買えないからお茶を水で薄めて、気分だけ味わおうなんて具合だから、酔っぱらって正体を無くすわけにはいなかったようだ。無軌道な酔っ払いが出没する昨今、お客さん方は、どうか節度を持って飲んでおくんなせえよ。

ともかくも、これであっしの商売と言えば、花見はちょいとした稼ぎ時だ。桜が相手なもんで、時期を完全に特定できないのが、アタマの痛えとこだが――南の方から、旅館や仕出し弁当屋さんの注文が、桜前線と一緒に北上してくださるのは、何とも嬉しい限りさね。

ともかくも、このイダテンのゲンさん。日本全国津々浦々、安くて新鮮な素材をお届けいたしやすぜ!

「地中海式ダイエット」はイタリアの医食同源!

今回は、ちょっくら趣向を変えて、南イタリアの「医食同源」についてお話いたしやしょう。時にお客さん――「地中海式ダイエット」て、言葉を聞いたことあるかい?

おっと、こいつは近頃の流行りだそうだから、女性のお客さんなんぞは、あっしより詳しいかもしれねえが、少しばかりお付き合いいただきてえもんで・・・。

ダイエットと一口に言うが、「痩せる」という意味だけではない。もともとダイエット(diet)とは「1日の食事」ということで――食事制限や健康維持が本来の意味なんだ。

地中海式ダイエットというのは、いわば地中海式「医食同源」――痩せることのみを目的とするのではなく、食事によって健康を手に入れようって話さね。だから痩せ過ぎの人の場合は、当然、逆に体重を増やす(健康的に)こともあるわけで、本来のダイエットの意味に則しているわけさ。

なんでもこいつは、1960年頃のこと――ヨーロッパで国勢調査をしたところ、南イタリアやギリシャのクレタ島の住民が、妙に平均寿命が長いってんで、疫学研究者たちが目をつけたのが出発だそうだ。

アメリカやヨーロッパの金持ちは、クレタや南伊の貧しき人々が、自分たちよりずっと健康で長生きだったのが、よっぽどショックだったんだろうな~。昔から日本じゃあ「粗食は長生きする」なんて言われていたから、そんなのあっしらが聞いても驚きゃしないがね(もっとも粗食は長生きってえのは正確じゃない。バランス良く、食い過ぎないってことさね)。

そこで、彼らの食事や生活習慣を徹底的に調べた結果、たどりついたのが地中海式ダイエットだったんだそうだ。

なにね、よくよく聞いてみりゃ、その極意というのは実にシンプルで、適度に食べ、適度に動き、適度に休息をとることなんだそうだ。あっしなんざ、よく食べ、よく動き、全然休まないから、そんな意味じゃあオーバーワーク気味だがね。

地中海式ダイエットの食事は野菜と果物、そして穀物が中心。それを毎日十分に食べる。油はオリーブオイルを使い、チーズやヨーグルトなどの乳製品を適量。タンパク質は豆と魚介類が中心で、肉は少なめが望ましいが、食べてもまったくOKだ。

仕上げは食事と一緒に適量のお酒を飲む。うーん、こいつはなかなか嬉しいダイエットじゃねえかな~♪

海は健康も運ぶ

地中海式ダイエットのルーツをさらに遡れば、サレルノというナポリから電車で1時間の小さな町にたどり着く。海の美しいこの町は、ヨーロッパ最古の医学校発祥の地で――同じ湾の並びには、歌で有名なソレントやアマルフィなどの観光地がある。

前回も申し上げたが、ナポリからサレルノ、アマルフィといったカンパーニア地方は、中世にナポリ、ジェノヴァ、ヴェネチア、ピサという4大海運国と謳われただけあって、海の交差点とも言える土地柄だった。

サレルノも7世紀半ばには、自国のラテン文化に加え、東のギリシャ&ビザンチン文化、そして北アフリカやスペインから、アラブやユダヤの文化が流入していた。

その関係で、最先端の知識を持っていた人たちが、この小さな土地に集まってきたんだ。その中には志の高い医学者たちも多く、智恵とお金を集結させた彼らは、何と世界で最初の医学校をぶっ建てちまったのさ。

言葉はもちろん、宗教や文化、それこそ食べ物などの習慣も異なる医師たちが集まり、健康について論じ合ったて言うんだから、大したもんさね。

ここで大切なのは、いくら議論をしても、実際にそれを実践する人と材料がなければ、単なる机上の空論。何事も実践をともなわない考えは、畳水練に過ぎないが――どうやらサレルノの医師たちは違っていた。ここにはきっと、さまざまな土地から運ばれてくる豊富な食材、あるいは薬草、ハーブ、スパイスなどが満ちあふれていたんだろう。

まさに欧州版・医食同源のはじまり、はじまり~ってことさね。

もっとも、それがすぐに「地中海式ダイエット」に結びついたわけではない。南イタリアには医食同源の考え方が、昔から自然にあったというわけだ。

当時の医師たちが編纂した「サレルノ養生訓」には、文字通り医食同源が説かれており、食事療法などの処方、節制の大切さが記されてある。日本でも出版されているので、興味のあるお方はぜひ一読しておくなせえ。

イタリアに漢方あり?

さて、もともとカンパーニア地方は、ラテン語で「幸せの地」を意味するだけあって、温暖で風光明媚な風土に恵まれてる。

ナポリをはじめ南イタリア地方は、B.C.5世紀――ギリシャの植民地として出発したとされているが、早いうちにローマに同化され――ポンペイやエルコラーノの遺跡を見てもわかるように、まあローマの衛星都市みたいなモンだったのさ。

そんなローマ人たちが持っていた知識に、ハーブによる薬草学があった。オリンピックでおなじみの月桂樹をはじめ、オレガノやマジョラム、ローズマリー、セージなどは、どれもローマ時代からの古株だ。

その後、中世以降に海をわたって南方からスパイスがやってくると、食い意地の張った神父や修道師が僧院の中で、薬草酒なるものを作りはじめた。

フェンネルやルバーブ、ミントは食欲促進の効果。アニスには咳を鎮め、利尿作用がある。ショウガとシナモンには胃を丈夫にする上、発汗作用と保温作用がある。バジリコやローズマリー、セージには殺菌作用や、胃腸の調子を高め、消化を促進させる等など・・・。

ハーブやスパイスの効能を熟知した連中が漬け込んだリキュールは、漢方に近いものとして注目したい存在だ。薬草酒は南イタリアだけでなくイタリア全土にあるが、カンパーニアで有名なものはリモンチェッロという、レモンの皮をアルコールに漬け込んだものがある。

陳皮(ミカンの皮を乾かした生薬)など、柑橘類の皮には咳止めや発汗、健胃剤の効果があるから、リモンチェッロにもそんな効能が期待できるんじゃねえかな~。ま、飲み過ぎたら何でも逆効果だがね。

ほかにもアーティチョークを漬け込んだチナール。アマーロというリンドウの根(※1)を漬け込んだ薬用酒。さらにマラリアの特効薬キニーネを漬け込んだグラッパ(※2)まであるってんだから、キリスト教の坊主たちも、なかなかアナどれないってとこさね。

※1 アマーロは「苦い」という意味だが、実際は甘いものが多い。リンドウの根はそのままでは毒だが、これが薬用に変化するためか、詳細の製法は不明。

 ※2 ワインに使うブドウの搾りかすで造った蒸留酒。

イタリアに根づかなかったアラブ文化

地中海式ダイエットの優れている点は、人間の営みに逆らわないってことだろう。人間は食べたいのをガマンできないし、眠いのもガマンできない。そら~1日2日徹夜したり、飲まず食わずでも死にはしないが、そんなこといつまでも続きやしない。

余談になるが、ご存じの通りイスラム教にはラマダンってえ断食月がある。

断食といっても、もちろん1か月飲まず食わずでいるわけではない。1日のうちお天道さまが顔を出してる間は、水はおろか生唾飲むことすら許されないという、ムスリムの習慣だ。

その代わり、日が落ちたあと何をどれだけ食べようと思うがままなのさ。

イスラム教徒は、この時アッラーの神に感謝を捧げながら、食べる喜びをかみしめるそうなんだ。もちろん食べ物に感謝する気持ちはすばらしいのだが、ラマダン中にこのドカ食いで太る人が多く、最近ではダイエットを気にする女性も多いらしい。また1年のうち、食料消費のいちばん多いのがラマダン月だそうで・・・いわゆるリバウンドと同じような現象だ。当然、仕事の能率も落ちるので、社会問題になっているようだが、なんせ神さまの意志なもんで、どうにもならないそうだ。

南イタリアはイスラム文化の影響を色濃く受けてはいるが、禁酒の教えやラマダンなどが壁になったのか、定着はしなかったようだなあ。

色は命の源でえ!

ともかく余分なカロリーを意志の力で節制したり、運動で燃焼させることは難かしい。

地中海式ダイエットの特筆すべきは、食べることを極端に抑制しないことだ。デンプンなど穀類を十分に摂ることはもちろん、サカナによるタンパク質を推奨してるのも嬉しいトコだね♪

南イタリアの食では、色のついた野菜や果物を多く摂れるのが良いみたいだ。これは以前お話した、中国の医食同源では陰陽五行説に基づく、青・赤・黄・白・黒――五色(ごしき)の食べ物をバランス良く食べなさい、という考えに近い。

色のついた食べ物を摂ることには、きちんとした意味がある。リコピンやカロチンの赤や黄色の効能といった、化学的分析はもちろんなんだが――それはもっと根源的な「食べること=命をいただく」という意味につながるからだ。

なに。ゲンさん、薮から棒に、坊さんみたいなことを言うって?

うーん。あっしが言ってるのは、もっと化学的な意味なんだがね(もちろん、信心に近い意味もあるんだがよ)。

こないだ知り合いの学者先生に聞いたんだが――生き物に色がついてるにはそれなりの理由がある、つまり色素ってえのは変化しやすい物質だから、環境のちょっとした変化に対応できるって言うのさ。

たしかにトマトは短期間で緑から赤に変わるし、イカやタコに至っては瞬間的に色を変えられるし、サカナなんぞは、生きて泳いでる時と水から揚がった時では、まるで色が違う。あまりに安定している成分ばかりは、生物として命を保つことができないってえんだ。

難かしい理屈は色々あるだろうが、色のあるものをいただく=命をいただく・・・そんなことが、どの国にせよ医食同源の基本にあるのかもしれねえなあ。

さーて、時間がきやがった。

じゃあ、お客さん! 次回をお楽しみに!

マンマミーア・イタリアンーと来たもんだ!
全29話バックナンバー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

別のエピソードは医食同源で HOME

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>