鈴木静村先生を知ってますか?

母の師匠「鈴木静村と十四人の書展」が、銀座鳩居堂三階で展覧会をいたします。

日本の書道会を代表する巨匠、静村(せいそん)先生の、天衣無縫な書はほかに類を見ないものであります。

三国連太郎と小学校時代の同級生という静村先生。
御年93歳というご高齢ですが、まだまだご健勝です。

今回はその図録を制作する光栄に預からせてもらいました。デザイン&装丁は滅多にやらないのでありますが、それでもまずまずの出来となりました。

会期 平成二十七年七月二十八日(火)〜八月二日(日) 11:00〜19:00

銀座にお越しの際は、ぜひお立ちよりを!


玉樹春歸日
金宮樂事多
後庭朝未入
輕輦夜相過
笑出花間語
嬌來燭下詠
莫教明月去
留著醉嫦娥

李太白詩

崑崙は一度海に没して又筑紫に上る
兩手をひろげて大陸の没落を
救ふもの日本南北の兩彎は
百本の杭となりそのまん中の
フオッサマグナに富士は秀でる

高村光太郎詩

 


千峰凍雲合
萬徑人跡絶
毎日只面壁
時聞灑窓雪
良寛詩


鈴木静村先生を知ってますか?” への4件のコメント

  1. こういうの、読めて書けたら、どんなに楽しいことか。
    全然あきませんわ。
    読むほうは、ソフトが開発されてきてますが、
    そんなんじゃ遺憾ですなあ。
    自身の脳で読まんとなあ。

  2. お頭さん、おはようございます!

    いやいや、普通は読めませんよ。
    図録作りでも一番苦労するのが釈文なんですね。
    書家の弟子たちも読めなかったり、
    静村先生自身も「何て書いたっけなあ」というほどで(笑)

    釈文を入れておきました。
    よろしければ展覧会もお立ちよりのほどを。

  3. こんにちわ。

    なんなんですが、

    >静村先生自身も「何て書いたっけなあ」というほどで(笑)

    なんか、穏やかな気持ち(笑)に成りました。

    まったくラベルとレベルが違いますが、
    自身で急いで書いたメモが読めない!!!、は有りますねえ(笑)。

  4. お頭さん、おはようございます!

    >まったくラベルとレベルが違いますが、

    まったくラベルがちゃいますが、
    草書とメモ・・・
    同じか違うか、わたしもわかりません(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>