顔は心の鏡 其の一〜顔で見る政治家

昨日は銀座のクルーズクルーズという店で食事会兼勉強会。今回は講師として「顔は心の鏡」ということを少し喋りました。

悪い顔というのはどういう顔かを、政治家の顔を地獄草紙を例に説明しました。

↓ まずこちらの顔をご覧ください(写真は閲覧注意)。

あまりブログに出したい顔じゃないのですが、これはもう悪鬼が取り憑いてる顔ですね(苦笑)。政治家の顔というのは、悪くなる人が多いの例にしやすいのですが、この人などは典型的・・・というか、いちばん悪い政治家の顔と言えるのではないでしょうか。

岡田党首はフランケンシュタイン顔だから、モンスター顔は当然という声もありますが、若い頃はけっこう男前でした。

何かが取り憑いてあのような顔になってしまったのか、理由はわかりませんが、わたしは今の党首の顔を見るたびに「地獄草紙」を思い出すのです。

インドの客引き。
特にガンジス川の火葬場にたむろしている客引きは、この地獄草紙の顔です。

↓ 以下、拙著「インドのアチャールくん」より。

明日は政治家の顔でなく、アートから顔を見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>