をい名古屋人! 手拍子やめろ、民度が低いにもホドがあるぞ。

昨日は大関・稀勢の里が結びの一番で横綱・鶴竜を秒殺。

結び前の一番で、豪栄道を「どうだ」と言わんばかりに押し出した白鵬でしたが、KYの稀勢の里は、まるでその相撲を見ていなかったようでした。

でもさあ・・・だったら、中盤で碧山なんかに負けるなよ。

栃煌山や照の富士に負けた相撲だって、今日みたいに取れば勝ってだだろうと言いたいとこですが、そのあたりは稀勢の里平常運転というところでしょうか。

優勝もなにもかかってない稀勢の里というのは実に強く、昨日の相撲も立ち合いの平常心な表情から「これは勝つな」と、 見てる方もあまりドキドキしない相撲でした。

はたして立ち合いから一気の寄り。
どちらが横綱かわからない見事な相撲でした。 

それにしても結び前の一番は、白鵬のここ一番の強さを見せつけた相撲でしたが、名古屋場所の民度の低さが、いつもに増して目に余るもの。

やめてほしいのが、立ち合いの「豪栄道コール」です。
あれは国技館でやらないよね。たまに見かけることがあっても、それはだいたい他所から来たお客さんです。

そもそも相撲に限らず、たいていのスポーツで鳴りものを歓迎する競技者はいないでしょう。ゴルフにシャッターの音が禁物なように(ゴルフ知らないけど)、競技者の集中をジャマするからです。

ましてや、相撲のように「ヨーイドン」や「はじめ!」をせずに、互いの呼吸で立ち合う競技ではなおさら。
大一番であればあるほど、相撲の立ち合いが水を打ったように静かになるのは、そういうわけなのに、名古屋の観客ときたら立ち合いの直前になっても 「豪栄道コール」をやめません。

あれで負ける豪栄道もまだまだですが、贔屓の引倒しとはまさにあのこと。
勝負魂に火がついたのか、張り差しから白鵬に一気に持っていかれてしまいました。
相手の応援を力にするのは、さすが横綱です。

をい!
ホントに豪を応援する気なら手拍子やめろ、名古屋人!
民度が低いにもホドがあるぞ。

いつも暑い名古屋場所を見るたび、そんなことを感じてしまいます。

加えて言うと、大相撲におけるコールは約款上禁止行為だそうです。

 

をい名古屋人! 手拍子やめろ、民度が低いにもホドがあるぞ。” への3件のコメント

  1. おはようございます。

    全てのスポーツ競技は、静粛に見物すべきではないでしょうか?
    応援者が騒ぎたいだけ、ノリノリに成りたいだけの傲慢だと思います。
    要するに身勝手。
    って言うか、真剣に観て応援していたら、騒ぐ余裕は有りません。
    手に汗握っていて、勝敗が決したら、どっと疲れます。
    一体感からですね。
    ノリノリなほうは、疲れないっしょ???

    ゴルフ、テニスの様に水を打った競技場の緊張感、快感です。
    そうそう、我がバドミントンは堕しました。
    TV中継の都合で、ラリーポイント制に変更した競技は、
    つまらん、実につまらん。
    少なくとも、以前よりつまらん!!!

    大相撲はいささか違うと思いますが、
    それでもコールや拍手は、それこそ場違いかと存じます。

  2. お頭さん、おはようございます!

    おおむね賛成ですが・・・

    >全てのスポーツ競技は、静粛に見物すべきではないでしょうか?

    木戸銭を払って見に来てるお客さんに、
    静粛にせいとは開催側はいえんでしょうな。

    そういう声があるのに、名古屋では手拍子が止まないというのは、
    「やめろ」と言ったら、来なくなる客もいるからかもしれません。
    だから民度が低いというのです(暴言)。

    肝心の対決のところでは
    息を凝らして見る方が普通だと思いますが、
    なんでそれが出来んのか不思議ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>