民主主義とは、実は「左翼」に分類される?

赤坂・山ね家の野菜サラダ。南米原産のヤーコンが果物みたいで美味しいです♪

先日のブログにも関連しますが、今、世間を騒がしている尼崎の連続殺人事件などの記事をリツイートしていた件で、あ@花さんから意見がありました。

その一部として、殺人犯人を安易に在日認定をツイートを安易にリツすべきではないという意見で・・・詳しくは記事を読んでいただければわかりますが、これは確かにその通りでした。

リツイートに関してはわたしの思慮が足らず、たいへん失礼いたしました。

あ@花さん自身、ありもしない誹謗中傷をされて裁判を起こした経験があるわけですが、それ以上にこのブログを読んでいる韓国人や在日の方、あるいは帰化した人たちにご迷惑だったと思います。ツイッター上のことなので、その方たちはご存知なかったかもしれませんが、誠に申し訳ありませんでした。

もちろん明らかに通名を使っている犯罪者を実名公開しないメディアも問題ですが、そうでない人たちも在日認定するという流れ・・・ある意味、差別を通り越してファシズムにつながる話ですので、十分注意が必要な話であります(しかも在日であることは罪ではない)。ツイッター上ではこういった話は百鬼夜行に流れていますが、当然ながら本質的な話に至ってるものはあまりありません。

例えば沖縄の仲井眞知事ですが、この人の先祖は中国からやってきた「蔡一族」という福建省だかの出身です。

仲井眞氏自身は漢詩の屏風を執務室に置いたりと、それを隠そうともしていませんが、ツイッター上でこの人を 誹謗中傷する時は「大陸由来じゃないか」という声が上がります。

事実、この方のスタンスは完全な中共よりなのですが、彼の先祖が日本にやってきたのは何と室町時代でして・・・先祖がどうこう意味がある時代ではなく、遺伝子的にはもう関係ある過去ではありません。
仲井眞さんが中国よりなのは、先祖云々というよりはむしろ個人的な思想によるものだと思います。

また、たとえば石破さんに関して言うと、「あの人は右翼に見えるけど、実は左巻きなんだよ」という声をツイートではよく聞きます。

いわば「彼はなりすまし」という声ですね。 しかしながら、どう見ても石破氏が愛国者であることは間違いありません。

ただ、天皇制に関する意見や、人権擁護法案に賛成を示してるところを見て「彼はアヤしい」と思う人もいるわけです。

しかし、「実は右翼でない」→からいきなり「なりすまし右翼」「実は左翼」というレッテル張りも、どちらが良いか悪いかではなくて如何なものでしょうか。

政治家に限らず、人それぞれが持っている意見というのは、それぞれに矛盾点を持っていて、安易なレッテル張りは人を見る目を曇らせます。

先に拙ブログで 「近代は左翼の時代?」という記事を書きましたが、共産主義が生まれる前、右翼と左翼の語源が生まれたフランス革命に立ち返ると、「右翼」のイメージと違った石破さんの考え方が理解できると思います。

この記事では書きませんでしたが、民主主義もフランス革命直後の考え方に照らし合わせれば“left wing”の範疇に入ると思います。
民主主義はいわば共産主義の兄貴分に当たるわけで、両者は仲の悪い兄弟と見ても良いでしょう。

日本の場合、右翼の基準になるのは何と言っても天皇制でしょう。

天皇制は保守の基本ですから、これを侵すべからずという考え方はすべて”right wing”に入れてよろしいと思います。
女系でもいい、昭和天皇に戦争責任があった、という人は、そういう意味では一部、”left wing”に カテゴライズされるかもしれません。石破さんも天皇制に関しては、何が何でもというタイプではありません。

そのあたりが石破さんに関して「なりすまし」という声が上がる、理由の根源じゃないのかな。
わたしは彼が「なりすまし」なんて、毛ほども思わないのですが(だいたい、何じゃその言葉は)、こと天皇制に関して言うと本来の意味で言う保守ではないかもしれません。

イラク戦争のあと、イラク人は博物館にあるメソポタミア文明の遺産を略奪し、海外に売りさばきました。

日本で言えば、終戦と同時に日本人が皇居に踏み入って、中の美術品を略奪するに等しい行為ですが、日本人はそんなことはとても考えられなかったでしょう。

また終戦&敗戦が決まったあとも、最後まで戦おうとした日本人は大勢いたそうですが、昭和天皇の玉音放送を聞いて、それを思いとどまったと言います。陛下がそうおっしゃるなら仕方ないということですね。

日本人にとって天皇陛下の存在というのは、ひとつの秩序であるわけで、今、アラブの春以降、中東で混乱が続いているのと比べると、その違いは明らかだと思います。

さて、女系&男系。
わたしの意見は男系に傾きつつありますが、最初から断言しないということは、私自身の思想は実はleft wingなのかもしれません。

 

ともかくも、ツイッター上はそんな議論はなされず、いきなり断罪というパターンが多いです。シンプルにものを言うといのはわかりやすい反面、誤解や印象操作の弊害もありますから、そこは注意が必要です。自戒を込めて。

民主主義とは、実は「左翼」に分類される?” への4件のコメント

  1. ブログご紹介ありがとうございます。
    それと、言葉尻とらえるみたいで申し訳ないのですが、大事なところなので訂正させていただきます。
    私は「裁判を通じて誹謗中傷された」のではなく「誹謗中傷されて裁判を起こした」なので、順番が違います。法廷を通じて誹謗中傷されたら、これはこれでまたおおごとなので。
    今度の騒動で、本当にみんな何を不愉快に思うかは違うのだと思いました。そして根本には、橋下支持か不支持かがあって、そのような意見の相違で差別観が容易に変わるのだと思います。
    私が支持していて画伯が支持していない橋下氏は、朝日のやったことを「反権力絶対主義」とネーミングしていて、これは秀逸だと思いました。ふだん人権人権とうるさいにもかかわらず、権力者の人権は踏みにじっていいという思想で、これが私がいつも障害福祉の世界の人に感じる「健常者に人権なし」につながりました。
    愛国心を持つのは結構ですし、日本人であることを誇りに思うのは結構です。けれども日本人であることは私たちが生まれながらにして与えられたものであり、努力して勝ち取ったものではありません。そこにあぐらをかいてしまってはいけないと思っています。

  2. あ@花さん、おはようございます!

    >なので、順番が違います。

    まさにそうですね。
    言葉尻ではなく見事に中身が違いますので、修正しました。
    相変わらず不正確でスミマセン。失礼いたしました。

    >私が支持していて画伯が支持していない橋下氏は

    あ、これ昨日もツイートしたように、本読みました。
    少し見方は変わりましたよ。

    教育改革や大阪府のシステムに関しては支持。
    対朝日に関しては熱烈支持!
    人権擁護法案については心配しています。

    >これが私がいつも障害福祉の世界の人に感じる「健常者に人権なし」につながりました。

    そこが胆ですね。
    朝日との対決は見事でした。
    相手が自爆してくれたのもありあますが、ここは攻撃の手をゆるめず(緩めるわけないか)追求してほしいと思っています。

  3. 人権擁護法案ですが
    ああいうものが成立してほしくない我々一般国民に今すぐとれる手段は
    せめて自分はデマを拡散しないことだと思います。
    保守系の皆様のご懸念は理解できますが、ないことないこと言われて人権侵害された身としては、ああいう法案が提出される理由の一端は理解できるのです。
    今でも私のブログには「ニキリンコ 偽者」で入ってくる人がいます。言い出した人間が刑罰を受けても、そのあとでも信じている人はいるのかもしれません。被害は続きます。だからこそ、こちらも対抗措置で真実を拡散しつづけるしかないのですが。たとえ加害者が懲役刑を食らったあとでも。
    小泉氏が積極的だった、安倍氏が慎重だというのも興味深いところです。

  4. あ@花さん、おはようございます!

    >ないことないこと言われて人権侵害された身としては

    肝はそこですね。

    外国でも人権擁護法案に代わるものがある国は少なくないようですが、実際に他の国では不当な差別をされるケースが本当に多いからです。

    ただこの法案、問題点は痴漢と一緒で「やってない」と証明するのが難しい。してない人を「やった」といって訴えることができる、悪用されることが問題なのですが、最近ではそういうケースも考慮されてきて、慎重に判断するケースも出て来たようです。

    わたしが考えるに、この法案の一番の問題点は手続きを踏まずに、相手を拘束できることだと思います。

    反対に、あ@花さんのように実際に被害に遭われた人の声を聞くと、不当な誹謗中傷をした人間が、実際に有罪になるまでの道のりがあまりに長過ぎる気がします。これでは被害に遭った方の人権は、文字通りどうなのかと思います。まさしく被害者に人権なし。
    悪い事をした人間はもっと早く裁かれても良い。
    その点の議論はもっとするべきでないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>