出自と差別


12月1日より開催する展覧会、旧作も含めて、出品作すべてに篆刻を押印いたします。
こちら、満寿雄の「満」の字を刻印した2種。

先の記事「自閉症者の犯罪を防ぐための提言」では案の定、ちゅん平のブログを閉鎖に追いやった人たちと同類と思われる方が米していました。

それについてアップしようと思いつつ、レスを書いてもその方から反論もなく、ブログアップの期間も開いてしまったのですが、時をほぼ同じくして、あの橋下市長 vs 週刊朝日が勃発。

週刊朝日は佐野氏の連載打ち切りを決めたそうですが、そりゃ、祖父のことだの先祖のことだの書かれたら完全な人権侵害。自分の子どものこと書かれるのと一緒ですからね。
週刊朝日を読んでいないので(ネットで文章チラ見したけど、それだけで読むに耐えん)、深いことはわかりませんが、家族の出自を公開した時点でもうレッドカードですね。

本文全部そんな感じならば、連載打ち切りじゃなく廃刊にされても仕方ありません。

赤坂・末吉のトンカツ定食1100円。ここは冬期限定のカキフライもオススメです。月に一度のトンカツ、個人的に一番好むところのトンカツ屋です♪

 

また、あ@花さんのブログにも記されてますが、佐野氏のような左翼系の人が不思議と血統云々にこだわること。

左巻きのみなさんは血統だけでなく、ヒエラルキーも大好きです。

「おはようございます、あ@花同士!」

「おはよう、こぐれ同士。
原稿まだなくせにダジャレ三昧なのは、よほど銃殺になりたいようね」。

同士と言いつつ、立場や身分の違いは歴然です。
(左巻きじゃありませんが、外資系の人がお互い『ジョン』とか『リチャード』と、互いをファーストネームで呼び合うのに、明らかに上司と部下の関係があるのもそうですね)。

もう1点、肝心なことですは、本文この部分でしょう。

いつもいつも「差別ガー」と差別を鵜の目鷹の目で探していらっしゃる左の皆さんだんまり。

そしてなんと、保守の皆さんもだんまり。

これはオスプレイ反対を大合唱してる、社民党や共産党が尖閣問題ではだんまり&死んだフリをしてるようなもので、人間都合がわるくなると口にチャックをしてしまうという良い例でしょう。

これは橋下氏が利権のブブンに手をつけたからだそうですが、そういう意味では自分の出自に関係なく実行する橋下さんはフェアと言えるかもしれません。

横浜巡業だそうです。人の写真ですが、あまりに微笑ましいのでここにアップ♪ 

あ@花さんのブログでは在日の人たちに対するあり方についても書かれていますが、 これは今後、差別に関するひとつの指針になる意見じゃないかな。

帰化できるのにしない人たちに参政権を与える必要はないと思っていますし、反日教育をする学校に血税を入れて無償化する必要はないと思っています。

けれどもそれと、在日の問題は別。

そして犯罪の問題も別。在日だろうが障害者だろうが、それだけでとがめられるべきではない。けれども法を犯したときには、きちんと責任を負うべきです。

 

もうひとつ、わたしの意見を加えると、日本における在日朝鮮人、韓国人の立場をハッキリさせるべきじゃないかと思います。

彼らは本国に帰るとひどい差別が待っているそうで、現実的に帰ってもらうことは難しいでしょうが、だからといって税法上、優遇をしたりするといったいわゆる在日特権ー「帰化しない方が得」というシステムは変えるべきだと思います。

パチンコ屋にしても、日本人オーナーと在日オーナーでは税制が違うそうで(もちろん日本人の方が高い! だから日本人オーナーが少ない! それ以前にわたしはパチンコ撲滅論者!)、これは明らかな逆差別です。

これを是正しようとすると、大変な反対と圧力が待ってそうですが、こうした制度・・・今となっては逆に在日差別を助長させるシステムに思えます。

2代3代にわたって日本で暮らしているのに、日本人じゃないというのも何だか腑に落ちません。

関東人のわたしには同和も在日も、あまり実感がわかないのですが、日韓の仲が良くない時だからこそ、このシステムを見直す時が来てるのでないかと考えます。
その時は、どうか差別も逆差別もありませんように。

出自と差別” への2件のコメント

  1. すみません。迷ったけど来ました。
    このエントリがすでに、血統主義だと思います。
    差別的なまなざしが感じられます。
    橋下氏の出自が、暴かれてはいけないものだとお考えだとすれば。

    氏の出自については、新潮や文春がさんざん出しました。氏はそれを恥じてはいないようです。ぼんぼんの頼りない政治家が多い中、むしろセールスポイントにしているかもしれません。たしかに私も数多くのぼんぼんを知っていますが、早稲田を出て弁護士になり(ここまではいくらでもいそう)しかも花園に行っていて政治家になった人を他に知りません。
    今度のものはただ出自を暴くのとまったく深刻度が違います。
    そういった出自だから、人格に問題がある、政治家にふさわしくない、というのが著者の主張だからです。
    しかもあれほどふだん「差別と偏見」にうるさい朝日新聞が、です。

    差別という感覚に、これほど個々人ずれがあるとは思いませんでした。
    私の本日のブログも貼らせていただきます。
    http://blog.goo.ne.jp/tabby222/e/44f7d559186a73862eee69482f998f16
    私は本日、(自慢の)夫と食事をしながら「ネット上には連続殺人事件の犯人の在日認定をして遊んでいる人たちがいる」としゃべりました。
    私たちが受けた法的被害でも、被告人は数ある嘘の一つとして、在日説を持ち出していました。私はそれを否定するのが心苦しかったです。なぜなら在日であることは罪ではないからです。それを「誹謗中傷」とするのにはちゅうちょしました。在日を差別しているような気になるのです。そして、ネット上で在日認定を楽しんでいる人を見ると、YTを思い出します。
    夫は即座に「そんなことやってるやつは佐野眞一と同じだね」と言いました。夫婦でこういう感覚を共有していることをうれしく思いました。
    おそらく血統主義の方とは、この橋下問題に対する怒りを共有できないと思います。それを期待してはいません。
    以上です。お邪魔しました。

  2. あ@花さん、おはようございます!

    いくつかご指摘の通りだと思う点と、違うと思われる点があるので、そこから申し上げようと思います。

    >差別的なまなざしが感じられます。

    この点に関しては、言われても仕方ないことだと思っています。
    そしてツイッター上でわたし自身、在日+通名のツイートを拡散したことは差別にあたるでしょう。
    おっしゃるように在日であることは罪ではありません。

    自分がそれを楽しんでいたとは思いたくありませんが、覗き見的に「あの犯人は実は在日」などといったツイートを拡散するのは、たしかにツイッターであ@花さんがご指摘されたように、「佐野氏が橋下氏にやったことのミニマムなバージョン」だったと思います。

    この話はそこに集約されると思います。
    感心した話ではありませんので、ここは考えを改めるべきだと思っています。

    >橋下氏の出自が、暴かれてはいけないものだとお考えだとすれば。

    この点に関しては、人の目からどう映るかは別にして、まったくそのようには考えてはおりません。

    わたしは平等主義者ではありませんし、時に差別的な発言もしますが、あ@花さんもご存知なように、基本的には仏の前に人もケモノも一緒という考えを持っています。
    だからわたしは橋下氏の出自を、そのように考えてはおりません。

    >このエントリがすでに、血統主義だと思います。

    若い頃は受け入れられなかったことですが、遺伝子というのは生まれてくる本人がどう思うかに関わらず、確実に存在します。
    ただ血統を尊いと思うかと聞かれたら、それは人によるとしか言えないと思います。

    鳩山氏のように血筋の良さが仇になる人もいますし、橋下氏のように雑草を売り物にできる人もいます。

    ただ、差別に関していえば、被差別死者も差別をするように、もう少し問題が違う気がします。このことは近々、もう一度考えなおしてみたいと思います。

    またお越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>