大飯原発再稼動 〜 To be, or not to be?

昨日はインドネシアでまたも巨大地震が2発。
余震がM8.2ですから、都市直下型だったら大惨事になる大地震です。

ううむ。
先日、NHKでやっていた「巨大地震メガクエイク〜日本の地下で何が?」 で言っていたことも、これは信憑性がありますな。
しかも同じようなところで大きい地震が何回もあるのね。

で、気になるのが大飯原発の稼動ですが・・・おおお、下の方に今日のミサイル発射の張本人が・・・!

昨日、丸の内での勉強会で再び「もんじゅ」の設計に関わった先生にお話を伺いました。
前回聞いた話と同様、原発を止めたからといって、ウランなど放射性物質の性質が失われるわけではないので、それで「安全」が得られるというものではないようです。

長期的にみれば、むしろ稼動させていた方が燃料が消耗するので、放射性廃棄物は出ないで済むとのこと。すでに出来てしまった原発に関しては、稼動しようとするまいと、安全性においてどれほどの違いがあるのでしょうか?

正直言って、素人の私にはその真偽というのはわかりません。
ただ、問題はそのような科学的な論議の話と、「原発は危ない、だからすぐさま全廃するべきだ」という議論が同じステージでなされていることでしょう。

原発の存続に関するステージで、科学者や技術者がメンバーに入っていないのも問題だと言います。

 だいぶ完成に近づいた東京駅

電力消費も増えるこの夏。
民間人は エアコンが使えなければ、ガマンするだけで済みますが(それもイヤだけど)、自動車工場など、日本の産業を支える工場が満足に稼動できなくなると、また不景気のスパイラルがやってきます。

さすれば年間3万人と言われる自殺者・・・ますます増えるのは必死でしょう。

大風が吹けば桶屋が儲かる論理みたいですが・・・(大風が吹くと砂塵で失明する人が増える→失明した人はみな三味線弾きになる→三味線の需要が増えれば、三味線の皮に使う猫がいなくなる→猫がいなくなるとネズミが増える→ネズミが増えると桶を齧る→桶屋が儲かる)
それに比べれば、工場が止まれば→不景気になる→自殺者が増えるリクツは無理がないかな?

まあ、そんなシャレは別において、産業と経済の根幹になるエネルギーの話というのは、実はひとたび止まればその被害も大変なものになります。

基本的に反原発が多いはずの民主党が、なぜ大飯原発を稼動させようしてるのかといえば、与党ともなれば、簡単にエネルギー問題を置き去りにできないわけです。

いわゆるサヨクだった故・吉本隆明氏が、意外なことに「反原発がサルに見える」と言ったそうですが、そのあたりのエネルギー問題はわかっていたのかもしれません。

それにしてもプチ朝日の東京新聞、反原発礼賛の記事が大飯よな・・・もとい、多いよな〜。エネルギー止めたら、もとから落ちてる広告収入が、ますます減るというのにねえ。

こちらは拙作”Here comes everybody!”、英文の部屋「The room of Jung」です。

翻訳機を使って英文の部屋を立ち上げましたが、長文になると「仏様→ Mr. french」と訳されるなど、私が見てもひどい英文だったので、細切れにして少しづつ変換しました。変な英語ですが、ご了承のほどを。

ただ、日本語がまったく読めないネイティブじゃない外国人には、まだ英語でわかるだけ評判はわるくないようです。

大飯原発再稼動 〜 To be, or not to be?” への3件のコメント

  1. マスオさん、おはようございます。
    つられて来ました。
    >長期的にみれば、むしろ稼動させていた方が燃料が消耗するので、
    というのは、物理的なことだけでなく、経済的(?)にも同様かと。
    止めちゃうと、「負債」に変わりますね。
    急な原発廃止は物理的にも社会的にも無理ですね。
    殆どの家庭で米が炊けなくなりますよね。
    だったら、ケーキを食べればいい、ってね?

    反原発の方、どういう方面の方なのか?、
    覚悟を持っているならば、韓国と中国にも働きかけないと。
    アッチの設計、材質と管理は、もっと酷いんですけど。
    あの辺が事故ったら、列島は終わります。

    新聞に正義を求め過ぎないようにしましょう。
    所詮、商業です、広告主の悪口は書けません。

    ミサイルも、当たらないPAC3でしたか、
    取り繕いですね、プロパガンダ。
    信ずる者も救われない、時代ですね。

    早く石油を使い切って、人類みんなで貧乏に成れば、
    次のステージが見えてくるでしょうか。

  2. お頭さん、おはようございます!

    >止めちゃうと、「負債」に変わりますね。

    おおお、まさしくわが意を得たり!
    激しく同意の、はげどう鈴之助でございます♪ 

    ちょっと、この続きは本日のブログでお話しようかと思います。
    またお越しくださいませ。

  3. >新聞に正義を求め過ぎないようにしましょう。

    求めてませんが、正義づらして反原発をあおるのが腹立たしいですね。
    いや、ほんと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>