原発〜安全と安心

ブログをホームページ内に動かしてから4日目。

どうやらブログの移転は、読者のみなさまにも少しづつ認知されてきたようです。

また写真をクリックするとhpの新しい部屋にジャンプします!
今回は「山形山水図屏風」です。
そちらも合わせて、ご覧下さいませ!

ただ今のところ、カレンダーがないとか、
書いたコメントを自分で手直しできないとか、
(できるはずですが、管理人のわたしがわからないのです)
読者の方には勝手のわからない(わたしもわからない)ブブンもあると思いますが、
これから改善していこうと思います。

何か使い勝手の悪い点は、ご遠慮なくご指摘くださいませ。

コメント欄からでもメール、ツイッターやツイッターのDMからでも、どの媒体でもけっこうです。

山形山水図屏風1

さて、本日は久々に原発の話題です。

先日行った勉強会で、
もんじゅの設計に加わった原発専門家の草津先生(仮名)に話を伺いました。

それというのも、参加者のひとりが原発の賛否を討論しようと言ったので、
討論の前に草津先生に、日頃疑問に思っていたことを先生に質問してみたのです。

(先生とは知り合いになって3年ほど経ちますが、
少しでも科学的なことというのは、専門家以外は避ける傾向があるからです)。

「そもそも福島第一原発は事故が起ったとはいえ、廃炉までに40年かかるもの。
原発事故があったあと、日本中にある炉を止めたわけですが、
事故の起っていない原発を止めた場合、果たしてそれが安全になるのかでしょうか?」

原発はスイッチを消せば、すぐに止まる電気製品のようなわけにいかないでしょう、
ということを聞いてみたのですが、はたして先生の答えは・・・。

「安全とは何を基準にして安全というのか、定義をしないといけませんね。
それとは別に一時停止後、放っておいたら爆発します。
残留熱を数年かけて冷却しなければ、安全とは言えません」

ということでした。

つまり原発を停止したからといって、誰もが安心できる状態になるのかといえば、
決してそういうわけでもないようです。

安全と安心は違うと言いますが、別の意味でこれはその典型的な例でしょうか。

つまり、炉を止めても安心ということではないのです。

もちろん正常に動いていた炉なら、きちんと処理して止めれば、
福島原発みたいなことにはならないでしょう。

ただ、止めて廃炉にする場合は、数年で安全な状態になるようですから、
止めた方が将来的には安全だと言えるかもしれません。

また原発=核兵器という発想もありますが、
これはウランを濃縮しないでも稼働するタイプの原発は、
どう応用しても核兵器につながらないそうです。

この手の原発が、未来系の原発として研究開発されてきたそうですが、
その矢先、あの事故が起ってしまったというわけです。

原発を知らない人間が原発の議論をするなとは言いませんが、
草津先生に言わせると、
反原発も推進派もそれを知らないで議論しているとのことです。

そうはいうものの、今後新しい原発の開発は現実的には難しいでしょう。

安全と安心は違うということを考えれば、どう安全策をめぐらしてみたところで、
「人間のやることに完璧はない」の一言で「安心」を得らることはないからです。

それにしても瓦礫の受け入れ、ようやく静岡県が手を挙げましたね。

色々と住民の事情などはあるでしょうけど、
同じ日本人として、受け入れ反対というのは如何なものかと思います。九州の方の議会で、「完全に安全だってこと証明しろ!」
なんてヤジがあったそうですが、まったくねえ・・・。

 

もっとも、受け入れ反対派に世論は厳しいようで、
まだ日本人もそこまで堕ちてはいなかったかな、なんて思うこのごろです。

写真は「山形山水図屏風」。
↓ クリックしていただければ、そちらの部屋にジャンプいたします!

 

山形山水図屏風2

原発〜安全と安心” への2件のコメント

  1. >どう応用しても核兵器につながらないそうです。

    またまた天邪鬼ですが、発電所の原子炉をテロすれば、兵器とほぼ同様かな?

    確認取ってませんが、ごみ受け入れ、本業がごみ屋とか?
    利権ですかね?

    疑えば切が無いのですが、知らずに浮かれるのも厭ですね。

  2. お頭さん、おはようございます!

    おおお!
    たしかにそうですね。

    でも、それって原発に限った話じゃないですよね。

    あの元米国務省日本部長、ケビン・メア氏の「決断できない日本」にありましたが、
    メア氏が「発電所に銃を持ったテロがあったらどうする」と聞いた時、
    担当者が「発電所内は銃の持ち込み禁止ですから」と答えたとか。

    もう一人の米国人が「何かのジョークだから、笑った方が良いのか?」と聞いて、
    「ジョークじゃないだろうから、笑わない方がいい」と答えたとか。

    あ、横道にそれましたが、あくまで核兵器の転用と意味で。

    転用するには、どうし”てんよう”・・・なんて、ウフッ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>