「饗宴」番外編・カラーバージョン

絵画教室の細はこちらから

 昨日の朝、あ@花さんからツイがあり、「社会とは饗宴である」の絵はがきが在庫薄になったので、刷り増しをしようかなとのこと。

けっこう刷ったんですけど、もう品薄なんですか。
1月、花風社さんは全国巡業中だったのは知ってましたが、あれがもうないっていうのは、巡業講演にはよっぽど人が集まったのね。

せっかくなんで「色つきにしましょうか?」と言ったら、
「けけけ結構です。」やて。

暑苦しい絵が余計暑苦しくからだそうで、失礼しちゃいますね。プンプン。

ホントに暑苦しいどうか、実際やってみないとわからないので、昨日ちょっと試してみました。

あの絵を全部色つきにするのは大変(勝手に作るので、もちろんノーギャラ)なので、新春ワクワク「饗宴」セミナー・PART4で使用したメインパートに色づけをしてみました。

で、こちらがオリジナル。

色がついた方が爽やかでないかと思いますが、みなさまは如何お思いでしょう。

でも、ほんと「社会ってこういうところ」っていうのは、この絵を見れば一発でわかるもんね。

愛甲さんとちゅん平は、こういう色の服をあまり着ないと思いますが、色あいのバランス上、着色しました。

いや、実は先週から今週、浜松に納品する絵を完成させないといけず、加えてなまけ蛙くん2体と本の挿絵の仕事など、珍しく忙しい我が身だったのですが、気がついたらやらなくてもいい「饗宴」の色づけ作業をしてたというわけで・・・。

以前も拙ブログで「〆切前の米研ぎ」という記事を書きました。
わたしの場合、〆切が迫ると米を研いだり料理をしたりするケースが多いのですが、今回はやらなくても良い仕事をしちゃったというわけで・・・。

試験の前に掃除をしたがる行為をセルフ・ハンディキャッピングというそうですが、今回の色づけ作業もそれというわけです(苦笑)

みなさま、感想などをお寄せいただいたら嬉しいです♪

「饗宴」番外編・カラーバージョン” への5件のコメント

  1. ピンクといえばももちか、あ@花さんというくらいにピンクの服いつも着ているというイメージです

  2. あ@花さん&小松浩さん、こんにちは! 

    暑苦しくないです(キッパリ)。

    あ、小松浩さんの意見を取り入れて、
    あ@花さんの服、ピンクに変えときました。

    こっちの方が似合うよね。
    絵はより暑苦しく・・・??(以下略)

  3. うわぁ素敵*\(^o^)/*

    色がついたものはとっても饗宴らしい感じで私は欲しいです。もらえませんが(笑)

    浅見さんピンクのワンピースがイメージにあっててさすが画伯です。

  4. うめさん、おはようございます!

    カラーバージョン、もりしーさんも絶賛ですよ。
    なんとかあ@花さんにかけあってみるかな〜。

    >浅見さんピンクのワンピースがイメージにあっててさすが画伯です。

    これ、小松さんの米で気がついて変えたものです。
    最初のバージョンは一番下のもの。

    ここではあ@花さん、紺ですね。
    (彼女、紺は滅多に着ません。黒かピンク。
     絵のバランスで合わせたというわけで)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>