痛風祭り〜みんな良い人♪


松崎せんせいのビールです。

プシュ! プシュプシュ!

昨日、外から戻ってPCを開けたら、ツイッターやFacebookが麦水を開ける心地よい・・・もとい、フユカイな音でいっぱいです。
「かんぱーい!」

「今日もスパークリングにした♪」

「うぬぬぬ! 人が飲めないのをいいことに、何と血も涙もない人たちでしょう!」

「ますおさんの血液とは違いますわ。血液サラッサラ(*^^*) 」

「夜また飲みま〜す(●∨ω∨●) 」

「画伯のような大酒飲みが二週間禁酒するなんて、痛風ってよっぽど痛いのね」

「ええ、痛いですとも。とっても痛くて靴も履けないのよん♪」

「プシュ♪ 早くも終了。あとは寝る前に日本の美味しいお米でできた水を」

「皆様、美味しそうな液体を…やっぱり下戸もちょこっといただこうかな…前言撤回…画伯、失礼します プシュ!」

「私も血も涙もない同盟に入れて〜。門仲の美味なるお魚処にて楽しんでおります」
「祈念して…」

「うわうああああ、せんせいまでプシュを!」

「すんません。普段は定食屋さんで晩酌しないのですが。ご回復を祈念して… 」

「店を変えて、3杯目! 富山で初ギネス♪」

「痛風って大変ですよね。あれって、もう治らない病気なんでしょ?」

「ななな、治りますよ(語気を荒めて)!」

 「痛風は治るんですよね。早いご快復を。ほんとにすいません。プシュ♪」

一方、ツイッターからの米と違い、Facebookのコメントは もっとこちらの身を案じてくれるものが多いのですが、それだけにイラッとくるものも・・・。

「自分の身体は自分の食べたもので出来ている」

うぬぬぬ。
これでもわたくし・・・医食同源の原稿書いて、本まで出したことあるんでっせ。んなことくらいは重々、わかっとりまんがな(なぜか関西弁)。

でも、実際に痛風なんか起こしちゃ、何言われても仕方ありません。

よく亡くなった親爺が「わかっていると言って、できないのはわかってないのと同じだ」と説教されたのを思い出し、余計イラっとくる次第。

いや〜、たしかにわたしの場合は自業自得と言われて仕方ありません。
どこに出しても恥ずかしい痛風ですわ。

なまけ蛙くん、制作進行中です♪

「それじゃ痛風に良いとされている四川料理でも食べに行きましょうか」

「えっ?四川料理がいいんですか?」

「昔、蜀の国は雨が多い痛風の多い風土だから、ああいう料理が発達したのだと聞きました。もしかしたら、リューマチと混同していたかも」

「それは”汗をかく”料理のことですね。まずは体調が回復して、”減量”できたら企画しましょう」

うぬぬ。毎日葉っぱばかり食べてるから、もう3kgちょっとは減っとるわい。
それに体重がすぐに痛風と直結するわけじゃなし。

びっこ引いて歩いていて、近所の人にどうしたんですかと尋ねられ、「痛風です」と答えると、判で押したように「ああ、贅沢病ね。美味しいもの食べ過ぎたんじゃない?」って言われたます。

あー、そうですとも、そうですとも。
普段の大酒と食事がたたったんですよ〜!
良いじゃないですか、痛風は美食家の勲章ですと、開き直ってもアタタタタタ、痛い、痛いので、そうですと答えるしかありません。

「痛風。周囲にそのような症状の人がいないので初めて知りました。骨折以上の痛みがあるとWikipediaに記載が・・・うゎー大変そうです。ほんとにお大事に。」 

うぬぬ。周囲にいないで、痛風のこと知らないんだったら余計なこと言うんじゃねーよ。人に同情されるほど、こっちは落ちぶれちゃ・・・イタタタ、やっぱ痛いわ〜♪

「みなさん、ご親切にビールやウニの写真を送ってきますのん。良い人ばかりで、わたしは幸せです(棒)」

「目が座ってる小暮さんを思い浮かべました。こゎっ!」

 「大きなお世話です。飲んでませんので幸い目がすわることはありません」

「痛いので思い出したのは、円形脱毛症の時に頭に打った注射。いってーです。しかし、今じゃ治療のかいもなく、全面脱毛状態。あの痛みはなんだったのか?

ヤロー、痛風の見舞いを米してるのに、自分の話をしてんじゃねーよ。
この人は大学時代の友人なんですが、Facebookの写真見てもあまり変わらない上、来たコメント見るかぎり中身もまったく変わらないので、これまたけっこうイラっときます。

「返事に困るコメントですね。FacebookにUPされたYさんの写真、昔とほとんど変わらないので目の前にいるみたいです」

「そうですねー。わたし・・中身も外見も昔とあんまり変わらないです。この写真は、5月の連休の時ですからねー。頭皮は再起不能のズルムケ状態。事務の女の子にまぶしいって年中言われてます。ふざけ度は上がってます。確実に。」

うぬぬ。
また性懲りもなく自分の話をしてる。ちょっと、アナタ。
いい加減にしなさい!

というわけで、みなさんいい人。
遠慮ないメッセージに有り難くて涙が出る次第ですわんわん。

 

そう言いつつ、昨日は外国の友人のホームパーティーに呼ばれ、つい一杯。

あちらもわたしが痛風だってわかってるはずですが、「痛風に効く良いハーブをあげますよ」 と言われたのを良いことに、勧められるままに飲んでしまいました。幸い、まだ症状は出てませんが、意志薄弱な自分に反省です。

今日からまた葉っぱと禁酒の毎日です。

え? なに〜?

反省だけならサルでもできるって?
いや、おっしゃる通りでございます。反省。

こちらは160kgでスクワットをする稀勢の里です。



痛風祭り〜みんな良い人♪” への4件のコメント

  1. 私の送った画像に何の反応もなかったので
    痛みのあまり失神したのかと心配してたら、こちらで画像成仏してたんですね~。
    有難いことでございます。
    これからは一病息災の精神で参りましょう。
    既往症のところに病名書かないといけなくなるのは人生の一つの厚みでございます。

  2. きせの顔がすごい。
    すみません感想はそれだけです。

  3. かなこさん、おはようございます!

    あれ〜、ツイッター送ったはずですが、何か手違いがあったのでしょうか。

    >これからは一病息災の精神で参りましょう。

    わたしもこれでようやくいちにんまえです(棒)。

    晩酌を止めたので体調は良いですが、柔道は当然まだできる状態にあらず。
    夜にジムのプールでちゃぷちゃぷ水遊びです。

    プールにいる時も水を飲んで、尿を出すと、すこし快調だニョウ・・・なんて、ウフッ♪ 

  4. あ@花さん、おはようございます!

    相変わらず血も涙もない米ですな。
    ビールの写真や牛肉のボルドーワイン煮やら、いつもエア・ディナーありがとうございます(棒)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>