書道の会でもらったペーパーナイフの切れ味は抜群でした!

先日、母から書道の会の記念にもらったペーパーナイフをもらいました。2つもらったそうなので、ひとつは私に。これでも私、画業は長いのですが、それまでペーパーナイフなど使ったことありませんでした。

そう言えば子供の頃、父がどこかでもらったペーパーナイフを見せて、私にこう言ったことが。

「マスオくん、これがペーパーナイフというものだ。ヨーロッパの本は製本の段階で紙が袋閉じになっているため、新しい本をめくる時にこのナイフで袋を切るのだよ」

「ふーん」

「欧米では本を読む時、そうやってゆっくり味わって読むそうだが、お父さんは読むのが早いので、そんなことするのは面倒くさいな。もっとも日本の本に袋閉じになっているものはないけどな」

当時、欧米の本が本当に袋閉じになっていたか……親父の思い込みだったかもしれませんが、その時のすりこみか、私はずっとペーパーナイフなど無用と思っていました。

ところがところが!
このペーパーナイフ、切れ味が抜群に良い!

私が水彩を描く時に必ず使用するのはファブリアーノ紙ですが、大きな全紙をカッターで切るのはけっこう面倒な作業です。
ところが、このペーパーナイフだと二つ折りにしてサクサク切って、はい完了!

いや、便利なものが手に入りましたわ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>