東京の大雪(当社比)は数年に一度のイベントかな?

今朝方五時頃、拙宅前の急坂から聞こえてくる、ギュンギュンと唸るエンジン音で目が覚めました。例年、雪が積もった時の恒例行事なのですが、それにしてもわが町赤坂は雪に弱い……。

赤坂青山というくらい坂の多い土地柄ですが、その中でも拙宅マンションの前の名のない坂は、赤坂でも一、二を争う急坂です。

同じく急坂で有名な三分坂(さんぷんざか)は通行止めになったようですが、うちの前の坂はそうでないため、雪が降るたび車がエンコ(死語?)します。

かくいう昨日の夕方は不覚にもゴミ出しをした際、派手に尻餅をついてしまいました。幸い受け身がとれて大事はなかったのですが、ゴミを持ってなかった右の肘はやや強打。

幸い筆を持つのに不自由はありませんが、柔道の稽古には配慮がいりそうです。

いやはや、これは出勤する人は大変です。
2年前の今頃も「雪の日の通勤は、終戦前の竹槍に同じ」なんて記事を書きましたが、今回はその時ほどの大雪(当社比)ではありませんでしたが、帰宅や出勤の配慮など、少しは改善されたのかな?

騒ぎ例年ほどではなかったかもしれません。
みなさまのご意見伺えれば幸いです。 

ともかくもOLをしている家内は、雪の赤坂の坂体験は初めてでした。
私が子供の時分から、赤坂で雪が降ると必ず坂で転びまくったものですが、それは慎重にペンギン歩きをして帰ってきて、無事を喜びあいました(笑)♪

なんでも、東京で大雪(もちろん当社比)が降ると、「北から目線」とかいうTwitterの投稿が増えるそうで、「あ〜あ、傘なんか差しちゃいけませんよ」「ニット帽しないんですか、へ〜」などという、生暖かいツイが活動するんだとか。

雪国じゃ、こんなの大雪のうちに入りませんが、年に1、2回降れば多い方の東京で、お金かけた雪対策はできません。

そういえば、わたしが大学の卒業制作を提出する前日に、八王子は大雪になって、アトリエで一晩みんなで絵を描いて楽しんだ記憶があります。そのせいか、今日は久々に卒業できない夢を見てしまったなあ。

昨日は頂いた水炊きセットの鍋で暖まりました。

東京での雪は、ある意味イベントかもしれませんね。
ああ、それにしても肘がちょい痛いわ(笑)。

みなさま、外出にはくれぐれもお気をつけて 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>