交通事故に遭いました

といっても、昨年の今日の話

昨年は5月に右手のやけどをして、左手を庖丁で切り、柔道で左足親指の骨折、もとからクセがある左肩脱臼とケガばかりの年でした。

とどめは、タクシーの扉に当たって右手と右ひざを痛めました。自分のせいでないと言えば言えますが、考えてみれば避けられたケガばかり。
両手両足、四本すべて一回りケガしたのですから、やはりどこか心ここにあらずだったのでしょうね。

妻とはつきあって結婚するまで、数ヶ月と短かったのですが、それから不思議とケガをしなくなりました。やはり、どこか自分の体を祖末にしていたのかもしれません。

自分の体も自分だけのものではありませんから、大切にしていかないといけませんね。扉に当たった右の中指、最近まで爪を押すと痛かったのですが、ようやく最近になって気にならなくなりました。

交通事故の後遺症は怖いって言いますが、この程度で済んでほんとうに良かったです。

↓ こちらは赤坂の景色を描いた拙作。近所のマンションが建設、立て替え中ですが、
前のものと構造があまり変わらないのに、ちょっとびっくりいたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>