今度は左指を切ってしまいました。

先週、小料理屋さんであわや大火傷というのは申し上げましたが、そのわずか1週間後に左手親指を庖丁で切ってしまいました。

今まではどんなに酔っ払っていても、庖丁で指を切ったことなんてなかったのですが、キャベツの芯を勢いよく切ったところ、親指を爪のところまでざっくり。
劣化がはじまったのかなあ・・・(タメイキ)。

しばらく水で洗い流し、10分ほどで流血がおさまったところで、抗生物質の軟膏を綿棒で塗り、絆創膏2枚で止血。

やけどの時と一緒で処置が良かったのか、わりと深く切ったのにもかかわらず、翌日は柔道の稽古ができるくらいになりました。

どちらも処置は良かったんだけど、それくらいなら、しないでも良いケガすんなよって話です。厄落としと思って、少し行動を慎まんといけません。

性根はなかなか治らんもんですが、少し反省です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>