「のだめ」と広上淳一の第九


大晦日の話になるが、嫁にせがまれて夜の7:30くらいに、有楽町の国際フォーラムに「のだめフェスティバル」を見に行った。いやはや「のだめ」効果による、大変なクラシックブーム。何だかわからないで聞いている人も含め、それはそれで良いことダナ。
そういえば、昨年の12月27日には、すみだトリフォニーホールに広上淳一指揮の「第九」を聴きに行ったのだが・・・この広上淳一という人。「のだめ」に出てくる、パリで千秋くんと一緒のコンクールをに出る日本人指揮者(名は忘れた)のモデルではないか、と私は睨んでいる。粘液質な感じといい、背の低いことといい、指揮をしながらジャンプするとこといい、何もかもよく似てる。何となく3位に入賞してしまう役割で、広上氏本人が聞いたら喜ばないと思うけどね。
ともかくも、今や日本人演奏家のレベルというのは、素晴らしい水準に達しているが、広上淳一のスケール感は、まさに筆舌に尽くしがたい大きさ。天上から響いてくるような合唱は、まさに圧巻だった(加えて新日本フィルも独唱者も合唱も、すべて素晴らしい)。今後、また聞きに行きたい指揮者の一人だ。

ps
昨日は嫁の実家に行き、むこうの両親が新しく買った柴犬を見に行く。動物1匹で、ずいぶん家って明るくなるもんだな~。

「のだめ」と広上淳一の第九” への1件のコメント

  1. 日本一最速ファッションモデルといわれています

    長谷川 理恵さんをご存じな方も多いでしょう、
    キャッチフレーズとしては、ファッションモデル、女性タレント、マラソンランナーつまり、日本一最速ファッションモデルといわれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>