あわや大火傷というところでしたが・・・

先日、イベントのミーティングがひけてから、流れで近所の小料理屋に行ったところ、生来の粗忽さがアダとなって、あわや大火傷ということになりました。
ま、大火傷は大げさですが、キャッチコピー上・・(笑)。

なんてことはない、ラストオーダーに注文した赤出汁の味噌汁の椀をすべらして、大事な右手の甲にかけてしまったのですね。
食い意地が張っているのか、最初に思ったのが、熱いより「もったいない」ってこと。な、情けない・・・。

「熱いのでお気をつけてください」って言われてるのにアホか、お前は!
お店にも隣にも味噌汁がかかって迷惑な話なんですが、ホントに熱い赤出汁ですから、味噌汁がかかった瞬間はそうでもないのですが、数秒でジンジン痛み出しました。

幸い一緒の人が飲食店経験があって、「直ぐに冷やさないとダメだよ」っていうので、おしぼりをあて、その数秒後にカウンターだったことも幸いし、ボウルに氷水をなみなみ入れて持ってきてくれました。

冷やすこと15分あまり。
普段なら氷水に15分も手を入れいたら、冷たくて耐えられないところなのに、何ともないどころか気持ち良いくらいです。ところが、そのくらいから、肩から上が冷えてきて震えがきます。

体が寒いので時々、出してみるものの、すぐに手の甲が熱くなるので、すぐさま氷水に入れ直します。なみなみあった氷は見る見る溶けてくるのを見て、ホントに火傷って文字通り、皮膚に熱を持つんだと実感しました。

それでも、氷水から手を出した時に熱を感じないまでに冷やさないとダメ、と友だちに言われ(飲食店はやけどの経験がみんなあるのですね)、ほぼ色が赤から酔っ払いのピンクになるまで漬けたのち、お店にあった火傷用の軟膏を厚くぬり、家に帰ってから効くと言われたラベンダーオイルを塗って床につきました。

食べ物屋さんと火傷って、直結なのね。手回しが良いことこの上ありません。

一晩経って、起きてびっくり。
あれだけ、まともに大盛りの熱湯味噌汁を丸ごと浴びたのに、私の右手の甲は何ともありません。

指を組むと、熱が残りやすかった指の間がわずかにヒリッとするくらい。

いや〜。応急処置の大切さを身を以て実感しました。
心臓や脳梗塞なんかも、きっと同じなんでしょうね。

それにしても、お店と一緒にいてくれた友だちには感謝です。
ただの運が良いだけの大バカ者のつぶやきでした。

反省しきりです(真顔)。

山ね家さん、ごちそうさまでした!
手はこの通り大丈夫です。また行きますので、よろしくお願いします。

あわや大火傷というところでしたが・・・” への2件のコメント

  1. 火遊びとはちゃいまんねんのやな???

    ご無事で何よりです。

  2. お頭さん、おはようございます!

    >火遊びとはちゃいまんねんのやな???

    何を言わはりますか。
    ほんまもんの火遊びの方が危のうございまっせ(ふろむニセ関西人)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>