9条とイスラミック・ステーツ

大菩薩峠で見かけたウラシマソウという植物です。こう見えてサトイモの仲間だそうで、蔓が伸びると釣り糸のようになるので、この名があるんだとか。

合宿の晩、恒例の討論会では憲法9条の話になり、実際の条文を読んでみることにしました。

日本国憲法第9条

1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」だって?
改めて普通に読めば、そもそも自衛隊の存在自体が完全に憲法違反です。

また集団的自衛権の行使にしても、「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と書いてあるのですから、これまた憲法違反。

日本語として普通に条文を読めば、自衛隊も集団的自衛権の行使も間違いなく憲法違反であります。
憲法学者という人たちが「憲法違反だ」というのも、彼等の立場からすれば致し方ないこと。
自衛隊を持つのであれば、最初から憲法改正をするというのが正しい手順です。

それを「憲法解釈」という名目によって、自衛隊という「軍隊」という言葉を使わない軍隊を持ったことが、ここまで話がこじれた原因でしょう。

しかしながら、憲法が国民を守らず、憲法そのものを守るためにあるとすれば、それは本末転倒。

なんでもイスラムの専門家に言わせると、コーランの原文通りに何でも解釈すると、今のIS、イスラミック・ステーツに近いものになるそうです。

もちろん、コーランには「目的のためなら人を殺して良い」なんて書いてないでしょうけど、そこをゆがめて解釈するのが原理主義というもの。

護憲が原理主義とまでは申しませんが、法律は現実社会に生きる人間のためにあるもの。コーランと違い、状況に応じて変えていかないといけないものでもあります。
(もっとも白夜のラマダンなんて、コーラン通りにしてたら死んでしまいますが、それでもやろうというムスリムはいるようですね。大きなお世話だだけど、大丈夫かいな・・)。

条文通りに解釈すれば、日本は戦争(含、自衛戦)ができないわけだし、そのための軍備も持てないわけです。
現実問題としては、家に鍵をかけてはいけないという法律に等しい憲法なわけですが、そういう法律をいつまで金科玉条としてあがめておくのか。拡大解釈にも限界があります。

30代の米国人が作った日本国憲法、見直す時期はとっくに来ているはずですが・・・。

徳川家康四百年祭に合わせて、家康公のご幼少を描いたマンガ
「竹千代君がゆく!」

全編 一気読みはこちらから    第1章のみはこちらから

 第2章だけはこちらから      第3章だけはこちらから

9条とイスラミック・ステーツ” への4件のコメント

  1. こんにちわ。

    イスラム教、なあるほど(ニヤニヤ)。

    日本国憲法第9条は、
    占領軍の若造が面白半分(?)にタイプライターで清書し、
    マッカーサー元帥に提出したところ、
    マッカーサーが、これが足りない!、と言って、
    その場で手書きで加えたものなんだそうです。
    勿論英文。

    当時の共産党の党首、野坂は第9条に猛反対し、
    吉田首相が説得したんだそうです。
    共産党も日本人だったんですね、当時は(ん?)。

    日本国民の承認を得てない憲法は、まずいのではないでしょうか?
    いずれにせよ、そっくりそのままの文章を残すにしても、(ヤダよ)
    憲法は改められるべきです。
    憲法創作は、古今東西、最短でも4年間くらい掛けるものらしいので、
    マッカーサーの日本国憲法はチャチぃそのものです。

    何度も恐縮ですが、
    マッカーサー、敵ながら天晴れ。
    日本が二度とアメリカに楯突かぬようにせよ!、
    という大統領命令を忠実に実行したのですから。
    然し、後年、やり過ぎた、と反省(?)していたようです。
    (へー、そん時一回飲んでみたかったね。←高慢ちき)

    今でも日本の首相はアメリカの同意なしには選ばれません。

    大脱線しますが、
    昨日聴いちゃった話です。
    官僚の上層部は、移民政策に積極的だそうです。
    移民政策が世界のどこでも失敗(アメリカ大失敗??)してるのに、
    中期政策としては実行するマインドだそうです。

    とにかく人頭が増えれば、経済、介護、年金の帳尻が合う、
    というお考えのようです。
    然しその時、確実に約3000年の歴史の日本国は消滅しますね。
    我々はそう長くない時期に浮世から退場しますが、
    マッカーサーと違って死んじゃうんですが、
    今フクイチにもめげずに元気な子たちは、
    どうなるのでしょうか?

    だからインテリは機雷です、あっ、嫌いです(バカを許して)。

    長文、失礼いたしました。

  2. お頭さん、こんにちは!

    そうそう、最初は共産党が大反対したんですよね。
    9条ってケント・ギルバート氏が言ってるように、アメリカが下したペナルティですからね。

    改正に反対する野党、どこかの知事のように隣国の手先もいるでしょうけど、大抵は洗脳状態で反対してるんだと思います。それだけに始末わるい。
    私の知り合いでも、軍隊を持つ=戦争をすると思っている人も多いです。
    もちろん、専守防衛の意味で日本は戦争ができる国にしないといけないのですが、なんか議論が全然かみ合いません。

    移民政策については別の機会で、個人的にお話しましょう。
    最近とみに「勉強ができる」のと「頭が良い」というのは、別の意味だと感じている次第です。

    あ、そうそう。
    お頭さんの米、ブログで使わせてもらうかもしれません。

    ご了承のほどを。

  3. おはようございます。

    >ご了承のほどを。

    むむむ、駄文なのに。
    どう展開されるのか、興味津々。

  4. お頭さん、おはようございます!

    >むむむ、駄文なのに。

    修正して使いました(笑)
    ご協力ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>