ヤマガタ・サンダンデロの引き算料理

ヤマガタ・サンダンデロ、夜のディナー表

昨日は奥田シェフの来店に合わせて、友だちとヤマガタ・サンダンデロで会食。
一日 間違えて一昨日お店に行ってしまいましたが(バカかお前は!)、予定を繰り合わせて、昨日無事ありつくことができました。

6月庄内の畑を見て、それから東京のお店で食べるとまた違いますね。

余計なことはしない引き算の料理ですが、わりと遊びの部分も残していて、「オレと客との真剣勝負だ!」という肩肘張らない雰囲気も、何とも楽しいです。

 

先ずはこれがトップバッター。ワラサのカルパッチョ。満月の日の海水のみを使った、月の雫塩でいただきます♪ 上のイラスト通りのお皿です。

こちらはコチとセロリのカルパッチョ。
コチの弾力のある食感と、セロリのサクッとした食感が微妙に合わさります。

モモとトマトとミントの冷製カッペリーニ。ミントの効果は、食べて”みんと”わからん・・・なんて、ウフッ♪
 

カレイと外内島(とのじま)キュウリの和え物。
外内島キュウリは庄内の在来野菜です。

この時期の名物。酒田産岩牡蠣のモロヘイヤ、トマト、セロリ和え。
ただし、生のモロヘイヤは付け合わせで食べられません。
 

つや姫とハモのリゾット。野菜の名は・・・忘れた
つや姫のサッパリした食感に、ハモの淡白ながら深い味わい!

タイと鳥海山の水、ミズ(上の緑野菜の名)。これぞ夜のディナー「味のないお皿」ですが、きちんと味があるんですわ♪

ムール貝など3種の貝とダダ茶豆、フレグラーラ(パスタ)のトマトソース

庄内牛スイカ、バジルの和え物。レモングラスを使ってないのに、似た香りがするのが不思議

丸山さんちの羊。トッピングにシェフ考案のローズマリーソルトと、オクラ、黄色ズッキーニ、セロリの3点野菜でいただきます

ダダ茶豆のアイスクリームとプリン。なんとみりんをブランデー代わりにかけて食べますと、栗の味が!

これで料理は全部です♪

店内の様子は昨日のものでなく、私のhpから取りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>