天に星 地に花

「天に星 地に花」は作家であり精神科医でもある、帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)先生の新作です。

今月はじめに集英社から発売されたばかりですが、私はその中の地図を担当いたしました。小説というのは、ロケーションの位置関係を読者に把握してもらうのが、苦手なので、それを補う意味でロケーションを描いてみました。

「天に星 地に花」は江戸後期の九州・久留米藩を舞台にした作品で、飢饉と年貢にあえぎ、一揆に蜂起する農民と藩の間に挟まれた医師の物語です。

帚木先生の時代小説には、「水神」という同じ地域を舞台に(時代は江戸中期くらい)。暴れ川と呼ばれた筑後川の治水を描いた作品があります。
これはその続編というか、同じ流れを汲む作品です。

ここでは、昔の人がどんなに苦労して収穫をし、年貢と戦い、病魔を克服していったのか。まさに、先人たちの礎あって、今の自分たちがあることを実感させてくれる小説です。ぜひご読一を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>