本日、国技館。いざ出陣!

昨日は木下音感協会の機関誌のイラストと、花風社さんのポストカードを制作しながらのおすもうTV観戦でした。

仕事部屋にはテレビがありませんから、気になる取り組みがはじまると2m移動しておすもうを見るという、実に多動で落ち着きのない作業でした。
おんかんも花風社の仕事も、Photoshopでトーンをつけるという作業ですから、仕事の中身には影響しませんが、わたくしという人間はいくつになって落ち着きが出てきません。

私の場合、仕事によってはむしろ落ち着きない方が仕事がはかどることがあって、絵画を制作する時でも複数の絵を平行して絵具を塗っていったりします。

予備校などでは「やってはいけない」絵の描き方とされていますが、それが自分には向いているのでしょう。

考えてみれば、料理人などは複数の仕事を平行して行うのは当たり前で、お湯をわかす間に野菜を切ったり、別の仕込みをする(主婦もそうか)。

こちら初場所の土俵入りです

昨日、こちらにとっての目玉は、何と言っても稀勢の里vs勢という1敗どうしの対決。

稀勢の里は今まで勢に負けたことありませんが、そこは空気を読まないわれらが稀勢の里。先々場所まで負けたことのなかった碧山に、先場所今場所連敗してますから(それがあの1敗)安心して見ることができません。

こういう時に限って、仕事にもマキが入るというもの。

正直言って、稀勢の里vs勢の取り組みまでドキドキですから、ほかにやることがあった方が良いのですよ。

花風社さんのポストカード、取り組みまでドキドキしてる間に色がどんどん派手になっていきます。

大相撲をTV観戦しながら、あ@花さんとやりとり。

ポストカードのイラストをUPさせて発注が済んだのは、丁度稀勢の里vs勢の取り組み直前でした。

初場所、稀勢の里vs隠岐の海の仕切りです。

「はい、待ったなし!」

フタを開けてみれば、きせ関は危なげない相撲で勢に完勝。
明日は1敗を追いかけるキセが白鵬とぶつかるのか、楽しみだなと、続く横綱白鵬の取り組みを見ていましたが、何やら横綱の表情がいつもと違います。

あれあれ。

肌が赤いし、冷や汗みたいな変な汗かいてるし。
この表情、稀勢の里と当たる時以外はほとんど見せないのですが、豪栄道に珍しい。
もしかしたら、明日のきせ戦を意識してるのかな。

横綱、目の前の一番ですよ(なんて心の中でも言ってませんが)。

果たして、立ち合い。豪栄道を吹き飛ばしたと思いきや、そのまま押し出そうとした横綱は横に消えた豪栄道の攻めに、あえなく土俵を割ってしまいます。

「座布団を投げないでください、座布団を投げないでください!」

なんて、そんなアナウンスしたってムダ。
座布団投げるに決まってるでしょ。

という訳で、あ@花さんが用意してくれた本日のチケットは、1敗どうしの稀勢の里vs白鵬というプラチナカード!(はっきり言って勝ち組です)

というわけで、これから国技館。
自宅は11:30くらいに出陣する予定です。

がんばれ、我らが稀勢の里!
みなさんもきせ関の応援、よろしくお願いします!

国技館名物・稀勢の里弁当

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>