孫成順さんの上海蟹!

小暮満寿雄 絵画教室をはじめました!
詳細はこちらから

「一度は孫さんの上海蟹を食べなきゃダメ!」

ご近所のイラストレーター朝倉めぐみさんの強いオススメで、昨日六本木にある孫さんのお店に出かけました。

孫成順さんはNHKの朝イチにも出演している北京料理のシェフ。
めぐみさんは彼の店に足しげく通う
大ファンですが、孫さんの料理の中でイチオシがこの時期にしか食べられない上海蟹なんだそうです。

うーん、上海蟹かあ・・・。

実を言うとわたくし。世間でさわぐほど蟹に関心がありません。
硬い殻をほじくり手をよごし食べるあの労力と、決して安くない価格に対して、そこまで価値があるとは思えないからです。


付け出しのクラゲです。

「ホントよ、孫さんの上海蟹はホント美味しいんだから! 孫さんの上海蟹食べないなんて、モグリなんだからあ!」

うーん。
なんのモグリだかわかりませんが、抵抗できないほどのお誘い。

もっとも孫さんの中華は以前、拙ブログでも書いたように、ちょっと類のない素晴らしい料理です。カニには冷淡なわたくしでございますが、孫さんの料理ならよかろうとあらかじめ予約をして出かけることにしました。

ところがいつも夜は必ず店にいる孫さんが、この日は大切な出張とかで不在。

ぬぬぬぬ、なんでこの日に限って!

以前、食べた”おまかせコース”があまりに素晴らしかっただけに落胆することおびただしい。おまかせで注文しようとしたのを変更し、メニューにあるアラカルトをめぐみさん夫妻にお願いしました。

はたして出てきた料理を食べてみたら、落胆はまったくの杞憂でした。
アラカルトで頼んだ料理は手順が完成してるのか、どれも素晴らしいお味。親分の教育が行き届いているのですね。

さすが、孫さんのお店。弟子も一流の腕前です!
(いや、案外親分がいなくて、伸び伸び作ったのかもしれません♪)

↓ 料理は最近の中華でよくあるように、人数分とりわけてくれて、こんな感じです♪

カブのカラシ漬け! 何とも上品なお味。 

甘エビを加熱 した前菜。大きな甘エビです♪


サンマの含め煮。孫さんはカツオやサンマといった日本の魚が大好きです♪


キュウリの浅漬け!


チャーシューですね。複雑なお味です。


甕出し紹興酒。めぐみさん曰く、上海蟹にはこれしかないそうです。


照明が映り込んでしまいまいっしたが、冬瓜と蛤のスープ。孫さんのスープは透明なのに味が深い。紹興酒にも相性バツグンです。

モンゴウイカの炒め物。お米がついたような切れ込みに、深い味わいのあんかけがかかり、素晴らしい味わいです。

これは黒酢の酢豚。地味に撮れてしまいましたが、見事な逸品。カラリと上がったブタさんが、甘酸っぱい餡にマッチ。こりゃタマネギもニンジンもいりません。ましてパイナップルなんかね〜。
マコモダケがエビチリと上海蟹の前に・・・。
アラカルトで頼んだのにコースで注文したみたいです。

これが絶品、クルマエビのエビチリソース炒め。
ここでしか食べられないエビチリです♪

めぐみさんの注文を聞いた厨房がフルコースのように仕立ててくれたのですね〜。常連の彼女たちのチョイスも良かったのでしょう。

孫さんがいる時は、いつも最初に上海蟹をドーンと出してくるそうですが、この日は真打ち登場とばかり、一番最後・・・。

 

おおお、これが噂の上海蟹か!
上海蟹は初めてではありませんが、酔っ払い漬けというのは初体験。
オレンジと黒のウニに似た食感は旨味のカタマリのようで、甕出し紹興酒との相性は抜群!
黒いブブンの食感はアワビの胆のようで、これ以上の蟹味噌というのは食べたことがありません。
ただ、閉口したのが、手足をほじくって食べる手間ですね。
めぐみさんご主人は、2つ注文して蟹味噌だけ食べたいと言ってましたが、私も同意見です。サケの腹しか食べないクマのように、カニの味噌だけ食べたいぞ!
カニ1匹分の足を食べるのに30分もかけられるか!(かけてるけど)。
さて上海蟹と格闘すること30分。
カニを食べると誰でも無口になると言いますが、めぐみさんは食べながら喋ってます。
しかもカニに慣れてるのか、食べるのが早い!
「めぐ、うるさいから黙ってて」
男の脳みそは2ついっぺんに違うことできませんので、カニに集中できません。
ともあれ、孫さん不在の「孫」のアラカルト。
見事なお手前でした。
またお金貯めて食べに行きますね!
シメのご飯は、ナスと牛肉の青椒肉絲丼。
めぐみさん、みなさん。
美味しいご飯ご一緒してくれてありがとうございました!
またご一緒いたしましょう♪
鶏と青菜のソバ。これがホントに〆ですよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>