台風一過〜気圧で変わる人の体調

西尾幹二先生のブログに記事が紹介されました
「天皇と原爆」


赤坂の料亭、外松のお弁当。高級料亭の味が600円から900円と、1000円以下で味わえるとあって、いつも売り切れ必至です

小暮満寿雄 絵画教室をはじめます!
詳細はこちらから

台風一過、被害はあちこちでありましたが、利根川の取水制限は解除されたとのこと。

たった一度の雨でダムの貯水が9割がた戻ったというのですから、自然というのは、恐ろしいものであると同時に、一方で恵みもあるということですね。

ツイッターを覗くと台風の最中と翌日で変わったのが、人の体調です。
発達障害系の人は、もちろん低気圧で体調を崩す人が多いのですが、そうでない人も台風のさなかの休日は体調不良を訴える人が多かったようです。

かくいう私も低気圧は弱い方で、この日はこもって仕事をする予定だったのが、けっこう不調で何もできず。

翌日、打って変わった快晴では、前の日にできなかった仕事がバリバリはかどりました。

まあ、低気圧の日もムリすれば仕事はできたんでしょうけど、とてもそういう気にはならず。

かの織田信長も天気の悪い日には、機嫌が極端にわるくなったとのこと。
あの信長公のことですから、下手すりゃ首が飛ぶわけで、配下のものは曇りの日や雨の日は戦々恐々としていたなんて話もあります。

気圧というように、文字通り物理的な空気の重さというのはあるようで、湿った空気というのは、それだけで1平方メートルあたりの重量が違うのでしょう。
よく考えれば当たり前の話なんだけど。

今日のように晴れ渡った日は、皮膚にかかる重量が違う気がします。

 

さて、話変わってこちら外松弁当ですが、食べログなどを見ても弁当情報だけで、夜に行った情報は寄せられてません。夜はみんな行かない、ちゅうかそうそう行けないのね。
ちなみに、ここは夜はフグが名物の高級料亭だそうです。場所は一ツ木通りから青山側にのぼる、コロンビアがあった坂の通りの奥まったところ。

余談ながら、通り手前で客引きをしてる地下の居酒屋は、昔○○○と呼ばれた団体だそうなので、絶対入らないでください。

そもそも、なんで連中、未だにいるんだ?
警察は厳重監視を。ちゅうか、私が知ってるくらいだから、してると思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>