うどんチェーン、群雄割拠だけど・・

本日も昨日に引き続きチェーン店のお話です。

こちらは先日、赤坂通りから撤退した「東京焼き牛丼」のあとにできた、「つるまる饂飩」のうどんと紅ショウガのかき揚げです。

で、お味はというと、あまちゃんの太巻社長じゃないけど「普通」かな。普通というのは良くも悪くもない。つまり印象に残らないってこと。

うどんは冷凍のものを茹でるだけ。
まあ、うどんは冷凍適正抜群なので、それ自体はわるくないのですが(冷凍した方が旨くなるという説あり)、丸亀製麺をマネただけの固いうどんは如何なものか。

固いうどんとコシがあるのを間違えている人が多いのですが、これをこんなものかなと思うのか、それとも固いと感じる人がいるのか。


↑ で、こちらがどんどんのうどん。見るからに旨そうです。

クライアントだから言うわけじゃないけど、味から言って「どんどん」のうどんに軍配です。東京は水天宮に一軒あるだけなのが残念。
赤坂に出店するよう会長にメールしましたが、 「東京はむずかしい」って言ってたし(昔は何軒か出していたけど、ほぼ撤退)出店はどうでしょう。

むずかしいかな〜。

柔らかくてコシがあるうどん、東京モンにはまだ理解されないかもしれません。

会長は丸亀製麺のうどん、あまり良く言ってませんでしたけど、その理由は固さ=コシとしていること。その方が手間がかからないし、大量に売るには都合良いんですね。手間かかることやると、どうしても利益が出ない。そこがチェーン店に辛いとこでしょう。

ただ、最近のうどんチェーンの特徴は、だし汁が美味しいってことでしょう。
つるまる饂飩もだし汁だけは、なかなかのもの。

・・・ていうか、東京の醤油を入れた黒いだし汁に比べて、関西風の白いだし汁の方が旨いよね。昔は東京の人間もあれしか知らなかったから食べたけど、黒いうどん汁の方が好きだって東京人の方が、今は少ないんじゃないの?

わし、生粋の東京人やけど、黒いだし汁で唯一好きなんは、正月実家でいただく江戸前お雑煮のだし汁だけかいな〜(ふろむニセ関西人)。

それより赤坂にはチェーン店よりも、個人でがんばってる良い店がいくらでもあります。そういう店に参入してほしいですね。

何か特別なチェーンならいざ知らず、同じような店は赤坂にこれ以上いりません。

うどんチェーン、群雄割拠だけど・・” への4件のコメント

  1. 昔々のそのまた昔、赤坂は帝の辺りに讃岐うどん屋が在ったとさ。
    東京田舎者の青年は或る夜飲み会の帰り道立ち寄りました。
    金が無かったので、素うどんをたのみました。
    腹が膨れれば幸福だった青年は、然し、汁を啜ったとたん、
    椅子から飛び上がり、しこたま頭を天井にぶっつけてしまったとか。
    なんじゃあ、こりゃあ~!!!!!
    これまでの東京、埼玉の饂飩とは別次元の代物に目から鱗が...。
    それからというもの、毎週金曜日には其処を経由して床に就きました。
    ところがある日、その店は跡形もなく消えていました。
    忘れがたいあの味を求めて、青年は東京中をさ迷い歩きましたが、
    ついにあの味にめぐり合うことは叶いませぬまま、
    今は老境に生きています、
    とさ、めでたくなし、めでたくなし。

    >「東京はむずかしい」って言ってたし(昔は何軒か出していたけど、ほぼ撤退)出店はどうでしょう。

  2. お頭さん、おはようございます!

    >昔々のそのまた昔、赤坂は帝の辺りに讃岐うどん屋が在ったとさ。

    若者の話はいいですけど、それってどこでしょう。
    なんかよく意味わかんないんだけど。

  3. おはようございます。

    吉池の向かいの道筋の左手のさるビルの一階に讃岐うどん屋、
    小料理屋が在りました、というだけのお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>