本田選手、よく決めました!

昨日は「見たくない」と言ったW杯予選ですが、思った通りの展開。
家で見るのも落ちつかないので、ジムにTV観戦に行きました。

たぶんガラガラだろうと思ったジムですが、考えることはみな一緒。
けっこうな数の人がTV観戦に来ていて、バイクもランニングマシーンもほぼ満員でした。

それでも空いてるバイクに滑り込んで、さあ観戦。

試合は思った通り、3年前の点が入らない日本代表に戻ったような展開。オーストラリアも調子が良いとは言えない状態でしたが、けっこう胃の痛くなる展開でした。

3年前の日本代表みたいに、入りそうで入らない展開。相手も調子が良くないので、このまま0対0のドローかなと思っていた矢先・・・。

終了10分前にオーストラリアのラッキーなシュート!

あああああああああ!

「チクショー! チクショー!」

わたしの隣のランニングマシーンで走っていたお兄ちゃんが悲鳴をあげます。
(あ、試合後半はバイクからランニングマシーンに乗り換えね♪)

キミキミ、何でもいいけど入ったあと、TVの画面をガシガシ叩くのやめてくれないかな。あなたがいくら画面を叩いても、点が入るわけじゃないんだよ。
お兄ちゃん、マシーンのスピードを上げて、バタンバタン音を立てて走りながら、コブシで画面をグリグリと・・・。

気持ちはわかるけど、隣りにこんなヤツがいるのイヤだよな〜。

と思っていたら、終了間際オーストラリアのハンドでペナルティキック!

お兄ちゃん、また興奮して画面をガシガシ叩いてます。
もういいから落ち着けよ、と思いながらわたしもドキドキ。

蹴るのは本田、結果はみなさん知っての通りですが、あのPKをど真ん中にシュートするとは、さすがに凄い度胸です。
(ちなみにわたくし、あのPKがど真ん中のシュートだったのを、あとからわかったフシ穴野郎です)。

なんでも簡単にあきらめちゃいけないっていうのを、わかりやすく見せてもらったところでしょうか。ある意味、ラッキーなPKでしたが、呼び込むのも普段の修練があればこそでしょう。

口を開けて待っていても、本田選手のマネはできませんが、色々な意味で世の中には良い影響があるのではないでしょうか。
帰りの六本木は、渋谷に比べると大人の町なようで、騒ぐ人もまばら。

ただ町歩く人はみな笑顔で、何やら明るい雰囲気でした。

これでW杯、また見なきゃいかんな。
見たくないけど、見ちゃう。応援しないわけいかないというワールドカップが、また来年やってきます。

あー、大して動いてないのに、ものすごく疲れたわい。

ともかくも、がんばれ日本!

本田選手、よく決めました!” への1件のコメント

  1. ホンダも上がっていたのかなあ?、身体の(精神も?)キレが無かったみたいな。
    ハンド、も、故意か偶然か?
    神風が吹いたのでしょう、今回の勝負の采配に???
    世界一(無理だから、トップエイト目標)までは喜ぶの止めよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>