富士山をどう描きますか

梅雨の晴れ間に山梨県は大菩薩峠で富士山を見てきました。
いや、この日の姿はまさに霊峰。

その荘厳な姿には心打たれるものあり。
誰もが富士山を見ると、何か良いことがありそうな気がするのも、この山の霊験とでも申しましょうか。

わたしは今まで、一度だけ富士山を描いたことがあります。
それがこちら、タージマハルとのツーショット。夢の中の風景であります。

別にわるい絵とは思いませんが、だからと言って「富士」を描いたと威張れるような代物ではございません。

以前、銀座のヤマガタ・サンダンデロで庄内、置賜、村山、米沢の風景を描いたように、大きな富士山を描いてみたいと思っていますが、なかなかその決心はつきません。

だって、本物には絶対勝てませんもの。
もちろん、何人たりとも富士山の本物以上の絵を描くことはできませんが、描く以上は部屋の中で、いつでも富士を見て幸福感にひたるといった「意味」を見出さないといけません。

そんな意味では銭湯の富士なんていうのは、けっこう捨てたもんじゃないぞ。
そんな風にわたしは思っていますが、自分が描く時に銭湯の壁の絵ではいけません。


兎追うこともなかりし故 里の銭湯地獄の壁の絵の山

(寺山修司)
富士を描くなら、ヤマガタ・サンダンデロで描いた、ほかのものが入らない純粋な風景画を描いてみたい。そんな風に思っています。

写真はきれいに撮れました。

こんな富士もわるくないけど、写真を移してもつまらんしねえ。
10年以内に描けたらいいなと思っていますが、みなさまは如何でしょうか。

富士山をどう描きますか” への2件のコメント

  1. あ@花さん、おはようございます!

    >我が家は富士山ビュー。とても良いもんです。

    おお、そういえば購入の決めてが富士山ビューでしたね。
    暮らしに”フジ”ユウ(不自由)しないのも、富士のおかげ
    ・・・なんて、ウフッ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>