インドのアチャールくん 血の女神

昨日、発表した「カーリーブラッド」ですが、あらためてサイトを見直したところ、このタイトルでは読む人が何のことかわからないことに気づきました。

銀座なびす画廊の真倉さんがよく「作品は成仏させてあげないとダメよ」と言ってましたが、まさに成仏させないとそのカタチが見えてきませんね。

少しでもわかりやすくするために、トップページのタイトルを以下のように変更いたします。これもサイトならのメリットですので、よろしくお願いします。

インドのアチャールくん 血の女神
カーリーブラッド

先に申し上げたとおり、本編は上梓されている「インドのアチャールくん」とは別の流れの物語です。
サイトでは、まだその7ページ分ほどしかUPしていません。見やすくするための、文字を打つ加工などに手間がかかるため少しづつ、チャプターごとに8ページ前後UPさせていく予定です。

本日のコメントに「つづき」を探してしまったという方がいましたが、続きはまだUPしていません。17日、あるいは週明け20日くらいにUP予定です。

後半はダークサイド面が強くなりますが、それも合わせてお楽しみに!

 

↓ こちらは赤坂通りにできたインド料理店「ザ・スパイス」のランチ。
まだ食べログにも登録されておらず、ネット上には存在しませんが、辛みをおさえた上品なインドカレーはかなりのお手前。
インド料理には珍しいホタテのカレーもありましたが、こちらもホタテの旨味を残した絶品。デリーやムンバイの5つ星ホテルでシェフをしていたというのも納得です。

インドから日本で働くというのは、たいへんハードルの高いものですが、それだけに小さな店でも日本のインド料理のシェフというのはレベルは高いもの。
あらためてそれを実感いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>