まだ使えるけど、こっちがエコだからエコ替え


昨日からの続きです。

誤解がないように申しあげておきますと、私自身は”普通にエコな暮らし”をしております。
生ゴミは極力減らしてますし、食べ物だってなるべく残さないようにしています。
使用済みのコピー用紙は、個人情報以外のものはシュレッダーにかけず、資源ゴミとして出してます。
当たり前だけど、ゴミの分別もペットボトルや、缶、瓶も洗って出したりと遵守してますしね~。
(港区のゴミの分別、面倒な上に守らない人がいては意味がないと不評です)。

じゃあ「地球を守ろう」というスローガン、何がひっかかるのかといえば、
それが一部のキリスト教文化圏に根ざしているように思えるからです。
俗に言う「グローバル・スタンダード」なんて言葉もみんな同じで、
一部の欧米社会の都合が良いように飾られたスローガンですからね。
そもそも「人間は神になぞらえて創られたのだから、その神が創造した自然をコントロールできる」
という考え方自体にムリがあります。

また、文明の初期段階でさんざん二酸化炭素を排出したのち(わが国もそうですが)、
発展途上国にCO2を削減しろなんて言ったって何の説得力もない。

とはいえ、南極やヒマラヤの氷は急速に溶け出しているのは事実なようです。
だから企業全体が二酸化炭素削減を推進しないことにはどうしようもない。
(はっきり言って、もう手遅れという専門家もいます)。
人間、金もうけが絡まないと一所懸命にやりませんからね。

ただ、「まだ使えるけどこっちがエコだからエコ替え」っていうCMも如何なものか。
私はそのCM見てないので何とも言えませんけど、
そこまで視聴者をバカにした広告というもねえ・・・。

ただご飯もキレイに食べれば気持ちが良いし、モノも大切にすれば気持ちいい。
一般の市民はその程度の感覚でよろしいんじゃないかと思いますがね~。

画像は母の書道展の帰りに寄った、有楽町マ・メゾンのハモンセラーノです。

まだ使えるけど、こっちがエコだからエコ替え” への4件のコメント

  1. 暴誤論かも
    こんにちは。
    大宅映子の辛口フォーラムが 3月9日(火)@梅窓院 ありました。
    医師、登山家の今井通子さんがゲストでした。
    主題は環境問題。
    今井さんの発言のひとつ、
    「ペットボトルのキャップを集めて子どもが学校に持って行って、
    業者が回収してリサイクル、って言うでしょ、
    私は後を付けてみました。
    そしたら、不法投棄しちゃったんです。
    全部の業者じゃないことは勿論ですけれど。」
    その業者、丸儲けですね。
    うーん、ワイドショーでも別件ですが似たこと言ってました。

    ごみ処理、端からガラス瓶とかアルミ缶とか炊飯器(最近不燃ごみに出した)とか
    簡単に分別できる物はそれでいいのですが、
    それら以外の物(プラスチック類も)は一旦燃焼させて、二酸化炭素にして排出、
    残渣を分別するのが、
    科学的に正しい、
    とアッシは思っています。
    貴重な水で洗って、なんて本当に水がモッタイナイ。
    ただ、残渣を取り出したり、それから分別するのは、確かにそれはそれはメンドクサイ。
    そのコストと枯渇に向かうだけの石油を視野に入れると、
    プラスチックのリサイクルも考える予知が有るかな、とも考えますが。
    然し、リサイクルを陰で支えるコストと労力、
    これを正しく情報開示して、トータルでホントの解決策を考えないとなあ。
    もう遅いかな。
    外れますが、「子ども手当て」を配布するコストと労力、すんごいですよね。
    トータルで無駄、国益の流失(他国へ)、損失。

    割り箸がモッタイナイ、は「エコ原理主義」でしたからね。
    その経緯は忘れないで、割り箸も爪楊枝も、じゃんじゃんキチンと使いましょう。
    マスオさんの仰るように、凛とした日常生活を旨とする、
    のが日本人の本分ではないでしょうか。
    それだけじゃアッシら非聖人は息が詰まりますから、
    お花見で呑んだくれるのも、勿の論、有りでございます。

  2. 外食の塗り箸
    そうそう、環境問題って言い出したらキリがないんですよ。

    その廃棄業者、ありそうな話ですね~。
    そもそもエコを考えて廃棄業者はできませんやね。
    ナポリのゴミ問題も、地元のマフィア・カモッラが絡んでいるから誰も手を出せない。
    日本もそこまで行かずとも、下手に手を出すと東京湾に沈められる世界かもしれません。
    そんな問題を、お母さんから月々1000万円もお小遣いでもらう総理が扱えるわけがありません。

    私がイヤなのは、多くの割りばしは間伐材を使ってるので、かえって使った方がいいのに、大手外食チェーンはどんどん塗り箸に替えている。
    その方がコストが安く済みますしね。
    私は外食の塗り箸は大嫌い。できればやめていただきたい。

    とはいうものの、かくいう私も30代の時分、
    前の会社で余った自社製品の原稿用紙をエコだといって、
    手差しコピーに使っていたことがありました。
    製品の考案者だった社長は、ものすごくイヤな顔をしてましたが、モノのわからぬ青二才だったと思います。

  3. Unknown
    私も、人並みにルールは守って暮らしてはおりますが、あまり声高に「エコ」とは言わないようにしてます。
    マスオさんより更にシニカルな私は、地球温暖化って新手の宗教かイデオロギーみたいなもんじゃないかなぁ、と疑ってかかってます。
    冷戦が終わり、ノストラダムスの大予言も外れ、人類には新しい種類の危機が必要だったのかなー、と。

    「エコ」よりも「始末の良い」って言葉の方が好きですね。

  4. 今の”エコ、エコ”の大合唱は
    zoomaniaさん、おはようございます。

    たしかに地球温暖化は新手の宗教やイデオロギーになりつつありますね。
    個人的には”温暖化は進んでいる”と思ってますが、その根拠は自分の子供時代より夏は暑く、冬は暖かいという感覚的なもので、中長期的に見れば、たまたまここ何十年かで起こってる傾向なのかもしれません。

    大切なのは、騒ぎ過ぎてることには疑問を持てということですね。その点では、zoomaniaさんも私もシニカルというより、”冷静に、普通にモノを見ようよ”と心掛けているんだと思います。
    まともな知性があったら、今の”エコ、エコ”の大合唱は変だもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>