高橋大輔選手の「道」


オリンピックがはじまる前、バンクーバーはイマイチ盛り上がらないなと思ってましたが、
人間、勝手なもので、日本人選手がメダルを取ると見てしまいますね。
高橋大輔選手、トリノの頃はチャラチャラした感じがして、そんなに好きではなかったのですが、
これまた勝手なもので、いざメダルがかかると、ついつい応援に熱が入ります。

それにしても一度挫折をすると、人間というのは強くなるものです。
オリンピックに出るような人は、過酷な稽古に耐えてきた人たちですから、
みな人並み以上の根性があるのでしょうけれど、
高橋選手が4回転を失敗したあと、堂々と演技をやり遂げたのは素晴らしかった。
(国母選手もこれから変わる・・・かな?)

ただ大技を出さなかった選手が金メダルというのは、
減点法という感じもして、これもご時世なのかなと残念な感じはしました。
まあフィギュアの採点について、私はまったくの門外漢なのでわかりませんが。

印象的だったのは、音楽にニーノ・ロータの「道」が使われていたことかな。
「道(La Strada)は、イタリアの巨匠フェリーニの名作に使われた音楽ですが、
これがモノ悲しくて良いんだな~。

高橋選手の演技は、道化師のイメージ以外には
映画の内容そのものにこだわっていないようでしたが、
「道」という映画の中身をよく読み込んで、作り上げたと思います。

クラウンをイメージした高橋選手のコスチュームは、その要素の一つですが、
すずめさんのブログに細かく感想が書かれてます。
(小塚選手のコスチュームなんか、まさにその通りだと思いました。
 さすが服飾デザイナーです。ぜひご参照のホドを)。

映画「道」のあらすじは、拙著「おちゃめなイタリア人!」の中で、
マンガにして描いたことがあり、それを画像にアップしました。
(高橋選手の演技に使われた音楽は、劇中にジェルソミーナが口ずさんでいた歌でもあります)。

どういうわけか、主人公のジェルソミーナ・・・
まわりから、”気が強く自由に生きてる”と思われている女性ほど「私に似てる」と思うようで、
そのあたりも、この名作の深さなのかもしれません。

高橋大輔選手の「道」” への4件のコメント

  1. 高橋選手
    私も素人ですが、失敗してもチャレンジを続ける
    大切さを教えてくれた演技でした。

    あの笑顔は達成感に満ち溢れていました。

    小塚選手は4回転は成功したのに、トリプルアクセルで
    失敗したものの、ステップが完璧だったとか。

    織田選手は悔やまれます。

    ただし、大一番に臨む際に、ボロいけど使い慣れた道具と、
    新しいけど使い慣れていない道具、どちらを使うのが良いのでしょうか。

    私は部活で卓球をしていました。私なら、前者(ラケットやラバー)で
    行けるところまで行きます。

    スケートとの違いは「代えが利く」ということです。

    絵でしたら、どうでしょうか。

    あの判断は、繊細さをも求められた上での
    難しい判断だったのかな、と推測します。

    あと、採点競技というものは、どうなのでしょう。

    女子モーグルでは、転倒したにもかかわらず最後まで滑り切った
    クリスティ・リチャーズ選手(カナダ)の姿が印象に残りました。

    涙する上村愛子選手をほかの選手が慰めていたのは、
    彼女の滑りをみなさんが目指してきた「戦友」だからなのでしょう。

    回転で転倒した選手が出た際のほかの選手の表情も、
    「やった!!」ではなく「やっちゃった…」って感じですね。

    私は見てるだけですが、選手・関係者の方は「五輪」の一点に
    合わせてきているので、かなりの重圧だと思います。

    世界選手権やワールドカップはあまり注目されませんし。

    とにかく、ケガなく、出せるものを出していただきたいと思います。

    PS

    「ランチオフ」の方に書き忘れましたが、これはどうでしょう。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/japan/news/20100219-OHT1T00263.htm

    これまた、いやはやですね。もうすぐなのに。

  2. LA STRATA
    私も「道」が印象的でした!
    (織田クンのチャップリンも良かったんですけどね~)
    確かに、あの映画の世界を
    ちゃんと表現していたと思います。

    なんせ、私この映画大好きでして!
    何度見ても、あのザンパノの号泣シーンで
    泣けてしまいます。

    何かで読んだんですが、
    あのジェルソミーナの役は、
    女優にとっても憧れの役なんだそうですね。
    演じたい役は?ときくと、
    ジェルソミーナを挙げる人が多いんですって。

    私も「私に似ている」とは思わないにしても、
    ジェルソミーナのイノセントは
    なんか大切な宝物のような気がします。

    おっと、長文になってしまいそう。
    明日は4時からラージヒル!
    また、熱く応援しなくては
    それでは、おやすみなさい。

  3. 織田選手もよくやりました
    大江戸さん
    私は個人的にはご先祖さまのひいき目もあって、
    実は織田選手の方を応援していたのですが、
    (ただ、織田くんはお武家顔ではなく、お公家さま顔)
    あのアクシデントは残念ですね。

    ただ切れるか切れないかは、神のみぞ知ることだったと思います。
    織田選手は紐を替えることで、演技に影響を与えたくなかったわけで、
    それは彼が選んだ選択であり、正しかった選択だと思います。
    運が味方しなかったとしか言いようがないですね。
    まだ若いですから、次回のソチに期待しましょう。
    ギリギリ大丈夫、信長公も味方すると思います。
    ただ、彼が戻ってきた時には、場内から声援の拍手が沸き起こりました。
    見ていた人の気持ちを表した拍手だったと思います。

    それにしてもサッカー日本代表は・・・。
    私とすると、国旗をかざしてワールドカップに出る人たちを
    応援しないわけにいかないので、
    それがストレスですね。

  4. ジェルソミーナ
    おお、tomozoさん。
    前回のオフ会では、お話ができずに残念でしたが、
    さすが映画通のtomozoさんですね。

    巨匠フェリーニといえど、あれ以上人の心に響く映画は
    その後作っていませんでしたね。
    個人的には、ジェルソミーナ役と同じ
    ジェリエッタ・マシーナとマルチェロ・マストロヤンニの共演した
    「ジンジャーとフレッド」が彼の中でも大好きな映画ですが、
    やはり「道」の持つイノセンスは、
    何かが降りてこないとできないものかもしれません。

    長くなりそうなので、続きは本日のブログにて・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>