ジェルソミーナ、ザンパノ、高橋大輔


韓国でも高橋大輔選手の人気はうなぎ登りだそうで、映画「道」の反響もすごいそうです。
荒川静香選手の時も「誰も寝てはならない」の売り上げが大変だったそうですが、
これから映画「道」のDVD売り上げに注目したいところです。
こうしてスポーツから芸術の世界に広がっていくのが、
フィギュアスケートの魅力であり、素晴らしさに違いありません。

映画通のtomozoさんのコメントによると、
「道」のヒロイン、ジェルソミーナの役は女優にとって憧れの役なんだそうです。
演じたい役は? ときくと、ジェルソミーナを挙げる人が多いんだとか。
私は強いと思われてる女性ほど、ジェルソミーナに共感すると思っていましたが、
何か、そこに理由があるんでしょうね。

私はこの映画の存在を、中学時代に読んだ
遠藤周作の”狐狸庵(こりあん)先生”のエッセイで知りました。
ストーリー内容も全部書いてあって、狐狸庵先生は
「男と女の間って、ジェルソミーナとザンパノの関係なんだよな」
とおっしゃっていたのです。

当時は何のことかわからず、浪人時代、早稲田松竹ではじめてこの映画を見た時も、
うしろに座ってた女性客の「かわいそ~(ジェルソミーナが)」とか
「ひどーい(ザンパノが)」という声がうるさく、
狐狸庵先生のおっしゃった意味がわかりませんでした。

その後、何度もフェリーニの「道」は繰り返して見たのですが、
この映画を見て本当に涙したのは、何度か挫折して人生の悲哀がわかった頃かな~。
ザンパノが海岸で泣きむせぶ、あのラストシーンは
奥さまに先逝かれた、世の男性たちの姿に重なるのかもしれません。
(亭主が先に逝くと、世の女性はかえって元気になるそうですが)。

ケガを乗り越えた高橋選手だったからこそ、あの世界を表現できたのでしょう。
荒川静香さんもコメントしたように、
高橋大輔選手の演技は、こと芸術性においてはダントツだったと思いました。

写真はキッチン・マ・メゾンのブイヤベースと、そのスープで作ったリゾット。
2人前2900円で新鮮な海の幸が、腹一杯味わえます。

ジェルソミーナ、ザンパノ、高橋大輔” への6件のコメント

  1. 強い男と無垢な女
    なるほど~。
    狐狸庵先生も深いですね。

    私も最初は
    ジェルソミーナがかわいそうと思ったクチですが、
    少し大人になると、やっぱりザンパノに泣けます。
    力だけが自慢だった男が、
    衰えを感じ始めたときに、ふとジェルソミーナを思い出すなんてね~。

    ちょっとまた見たくなりました。
    年齢を重ねると、
    また違った見方ができるかも知れませんね。

    でも、きっとTSUTAYAは貸し出し中でしょうね~。

  2. きっと違った見方が
    そうなんですよ。
    狐狸庵先生はいきなり深い結論を出してしまったので、
    私は中学時代から30代半ばになるまで、
    あの映画の本当の意味がわかららなかったのでしょうね。

    いや~、もしかすると、まだわかってないかな?

    またしばらくぶりに見てみようかな。
    でも、おっしゃるようにTSUTAYAはきっと貸し出し中でしょうね。
    いっそ購入しようかな。

  3. おいしいです♪
    ryuji_s1さん。
    時々、ブログ拝見しております。
    すてきな絵ですね。

    ここのリゾットは素晴らしいですよ。
    一度ぜひお試しくださいませ。

  4. Unknown
    高橋君の道はよかったですねえ。

    私も道はかつて何度も見ました。
    あのジェルソミーナの役いいですよねえ。
    (どこかしら、まやさんに似ていると思っているのはわたしだけかな?)

    やはり,また見たいと思いTSUTAYAへいきましたが
    貸し出し中でしたねえ~。

  5. マヤはマリアに
    実は、マヤさんのことはマリアと名を変えて
    拙著「おちゃめなイタリア人!」に登場させました。
    もくじのタイトルは「ナポリのジェルソミーナ」としてあります。
    版元のトラベルジャーナルが、出版から撤退したので
    (母体は旅行会社と学校)
    書展流通では入手できませんが、
    アマゾンの古本では、ほとんどタダのような値段で売ってます。
    よろしければご覧くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>