9月13日(金)西垣恵弾&矢島吹渉樹 デュオコンサート in 小暮満寿雄展は大成功のうちに終了しました!

十条・梅の木で開催された、西垣恵弾(にしがきけいた)さん&矢島吹渉樹(やじまふぶき)さんをお呼びしたデュオコンサートですが、満員御礼の中、2度のアンコールとCDの完売という大成功の中に無事終了しました。

いや、人をお呼びしてのイベントコンサートは自分の個展より緊張しますが、成功した喜びは自分だけの展覧会よりはるかに嬉しいですね。

開演前、簡単な打ち合わせをした後、お客さまのお嬢さんの肖像描きをするイベントを最初から致しました。

初対面の子供の顔、それも女の子は難易度がかなり高い!
プレイヤーのお二人が弾くバッハの「G線上のアリア」がバックですが、原曲より長引いてしまい、目配せで2度ほどの繰り返しをしてもらって何とか完成。

モデルより可愛く描くことはできませんでしたが、それでもまあまあ満足してもらったようで良かったです。

自分のパートが終わったあとは、2人の火の出るようなセッションを楽しむ番です。

演目はピアソラのリベルタンゴやアヴェ・マリア(ピアソラがアヴェ・マリアを書いていたのが初めて知りました)、カッチーニのアヴェ・マリア。ブラームスのハンガリー舞曲。
そして矢島さんのソロによるリストの「ため息」。

白眉だったのは、アンコールに上演されたロマの音楽「チャルダッシュ」。昔はコンサートでやるような音楽ではなかったそうですが、西垣さんの兄弟子、古澤巌さんが良い音楽なら何でもと、熱心に広めた曲だそうです。

コンサート終了後は同会場で懇親会。

西垣さんは元プロボクサーという肩書きを持つ、異色のバイオリニストなのですが、この日はなぜか格闘家や武道経験者率が高く、そちらでも大盛り上がりになりました。

アートイベントだけに、アートッびっくりです・・・なんて、ウフッ♪

今週末、同じ梅の木で20日金曜は歌三線、21日土曜は絵画教室コンサートになっています。こちらも奮ってのご参加を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>