日本 vs ポーランド戦〜是か非か?

昨日のW杯、日本 vs ポーランド戦。
巷ではサポーターの間でも賛否が分かれているそうですが、私は是か非かというより、見ていてびっくりしたというのが本音です。

ともかくも、ああいう勝負のつき方もあるのだなというのを実感した次第。是か非かと聞かれたら、「是非もなし」というところでしょうか。

相撲でいえば変化するみたいなもので、お世辞にも良い試合とは言いがたい内容でしたけど、15日間あるお相撲と違い、サッカーW杯は4年に1度。勝負しないのも勝負のうちでしょうね。
セネガルが1点返したら どうする、という人もいますけど、コロンビアもボールを回して時間を稼いでいたようで、それを見越した作戦だったと思います。

かっこ悪いけど、結果的には決勝トーナメントに出られることになったわけで……。

W杯がはじまる前はクソミソに言われていた日本代表ですから、ここまで行けたというのは上出来です。あれは実力相応の決着のつき方だったかもしれません。

大阪では道頓堀に飛び込もうと思ったけど、そんな気にならずやめたという人がいたそうです。愚かな騒ぎを抑止する上では良い決着の仕方だったかもしれません。

それにしても西野監督というのは不思議な人ですね。
話し方を聞いているとあまり利口そうには見えない(失礼!)のですが、いわゆる「大智は愚なるがごとし」というのを地で行った人なのでしょうか。
わかりません!

ともかくも運の強い人であることは間違いなさそうなので、ひとつベルギー戦では「日本 vs ポーランド戦」を酷評した人たちをギャフンと言わせてほしいものです。

そういう私もはじまる前は日本代表をクソミソに言うてた、下司な大衆でございました(笑)。ともかくもがんばれ、日本!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>