夏風邪の悪寒〜皮膚が感じる違和感

ジャスト4年前、食中毒になって以来の真夏の病でした。

火曜日の朝食をとってから急激に悪寒を覚えてダウン。手足がやたら痒くなり、起きては掻いてまた寝るというのを一日中繰り返していました。

・・・と、ここまでは先のブログに書いた通りでしたが、自分が幹事の飲み会や食事会が続いたために、夜は出かけなければならず、本調子とはいかない毎日でした。
普段なら医者に行くんですけど、ピークが一番最初の日に済んじゃったので、けっきょくは行かずじまいでしたが、昨日の晩は体が風邪菌と最後の抵抗してたのか、変な夢を見ながら一晩唸っていたようです。

一番、キツかったのは最初の晩に起った悪寒です。
熱はあるのにブルッと震えるあの違和感。

あれはいったい何だったのだろうと思いますが、 感覚的な表現を申し上げると、体の中はドロドロと熱いのに、皮膚だけが固く、内臓と皮膚が一緒に動いていない。
体を動かすと、皮膚と中身が一緒にならないので、それでゾクゾクと悪寒がする・・・そんな感じでした。

体を洗う時に同じような皮膚の違和感を感じることがあって(特に腹部をこすると)、それが健康時と一番違う点かな。

今日は痒みを覚える時間もほとんどなくなりましたが、 皮膚が弱っているのは肝臓が弱ってるということで、お酒もお休み(泣)。ちゅうか、飲みたいと思いませんわな(笑)。

幸い妻にはうつってなかったようで、良かったです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>