ユングの部屋〜長所と欠点、陰と陽

ホームページの読者から、「リニューアルしたトップページを間違えて、“ユングの部屋”に入ってしまった。怖かった」という声をいただきました。

いいんですよ、どんどん入ってくださいな。

神田橋先生の言うところの「長所と欠点は同じところにあり」と同様に、人間には誰でも陰と陽があります。
一概には言えませんが、笑顔の素敵な人は起ると怖い人が多いし、いつもブスッとしてる人は、別に機嫌がわるいんじゃなく、元々がそんな顔だったりします。

「ユングの部屋」に展示されてる絵もまた、わたしの一面でもあると思っています。

面白いもので、かわいい絵が描ける人は、例外なくコワい絵が描けますが、逆は必ずしもそうではありません。私自身は前者だと勝手に思ってるわけですが、若い頃はそうでもありませんでした。

かわいいキャラを描くようにシフトしたのは、このユングの部屋を制作した前後でしょうか。

あまりこういうタイプの絵の依頼がないので、最近はめっきりこの手の絵は描いてませんが、最近また腕がうずくことがあります。

2月にカフェで展示イベントを予定してますので、その時にでも出してみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>