安倍独裁 vs 中国の侵攻=カエルの楽園

昨日の記事、Facebookのコメント欄に松野先生から米が入ってました。
ご本人の許可を得たので転載します。

探偵ナイトスクープで育った大阪人としては百田尚樹さんは誇りなのですが、なにせあの人は決めつけが過ぎます。物事をバッサリと分類しすぎます。

人は様々な面を持ってますし、物事もそのいろんな面を持ってるいろんな人たちが絡み合って起こっているのですから簡単分類したりバッサリとぶった切ったりもできません。

イデオロギーを横に置いて問題解決を重要視するおおさか維新の会を支持してるとその辺りがよくわかります。

支持者同士で話をしても右も左もイデオロギーで分類すると色々います。9条の件もです。

9条は誰が読んでも現状との乖離がひどい。
この処方はまずは9条以外の憲法改正をやってみることです。

公明党のいう加憲が必要ならやってみましょう。
おおさか維新の会が主張してる改正も合意できるところはあるはずだかはまずはそれだけでもやってみましょう。

憲法改正=改悪・怖いと煽って絶対不可侵と言ってる社民や共産は本当に罪深いと思います。

バカなライトポール際の人たちもまずは無視しなきゃダメです。安倍さんがあのクラスタを切れば大宰相になるとおもってるのですがね。

長文失礼しました。

そうそう。
「カエルの楽園」で気になったのが、”決めつけ”ですね。
でも、これは護憲派の人たちにも同じことが言えます。

物事というのは重層的に出来ていて、それが政治となるとなおさら。
ただ 「カエルの楽園」は結末以外のストーリーは、あ@花さんの言うように、現実にあったこと「まんま」なので、そこは仕方ないかというとこでしょうか。

9条に関して言えば、安倍独裁が先か、中国の日本侵攻が先かで考えてみてはいかがかと思います。これってニワトリと卵みたいな話ですわ。

日本の歴史の中で軍部独裁は実際にあったことなので、これから先、それが絶対起らないとも言えません。
それが安倍政権で起るとは考えにくいのですが、かりにそんな独裁政権が起るとすれば有事の時でしょう。

では、どんな時に安倍独裁が起るか?
単純に一番可能性の高いのは「アメリカの傘がなくなった時の中国による日本侵攻」でしょうか。

どちらもならないとは思うけど、仮に中国が攻めてきたとして以下3つの“決めつけ”をご用意しました。みなさま、どちらをお選びになりますか?

1、9条を残して中国の侵攻を受け入れ、日本は彼の国の34番目の省になる。

2、9条を撤廃し、安倍政権による一党独裁のもと、中国侵攻軍と徹底的に交戦する。

どちらもイヤなので、話し合いで解決する。

なに、お前はいったいどれなんだって?
私はもちろん3番です(ウソです)♪ 

 

安倍独裁 vs 中国の侵攻=カエルの楽園” への4件のコメント

  1. 「アベ政治を許さない」とのたまう人たちがアベ政治の何を許せないかが一向に伝わってこないのです。

    対米従属が許せない! という人が同時に九条信者であったり。

    意味不明です。

  2. あ@花さん、おはようございます!

    安倍総理の肩を持つわけでも何でもないのに、
    別の文脈から「アンタ。アベさん、支持するの?」
    というセリフが聞かされることがよくあります。

    どうやら、最初から「安倍=悪」と決めつけているようです。
    そっちの方が独裁やファシズムに近いのにねえ。

    これ、大学時代の友人にけっこういます。
    アートっ、びっくり!・・・なんて、ウフッ♪ 

  3. おはようございます。
    キナ臭いの匂って好きなので、来ました。(笑)

    本日付でのハーグの国際司法裁判所の判決は中共に不利益です。
    それを全力で無視する体制を中共は整えつつあります。
    軍OB、まあエキスパート、を武装警察予備役と称して招集しているようです。
    んな訳有りません、第一線に投入するのでしょう。
    勿論南沙諸島、南シナ海です。
    中共国内も不安定要素が増加の一途ですから、民の注意を逸らすためにも、
    米軍か自衛隊と小競り合いを始める可能性が大です。

    米軍もヤクザなもので、ハーグ後に空母2隻(!)を自由航行作戦に投入します。
    ハーグ、即ち世界から、お前(中共)は悪だ、と裁定され、
    鼻の先を2隻の空母に撫でられて、中共は往復ビンタを食らったようなものです。
    それでも耐える、という日本のドラマのような展開を中共人たちは知りません。
    それでもまだ鯉口を斬らない、という武士道の嗜みは在りません。
    故に、無事、事無き、で治まることは無いでしょう。

    台湾も誤射(?)でミサイルを発射し、中共軍は着水点を掌握し切れない、
    という実力をさらけ出しました、面子丸潰れです。
    習近平は烈火の如く、怒髪天を突いたようです。
    南沙諸島で口火を切り、台湾と沖縄に侵攻するかな???

    亜細亜は今夏同様、相当熱い夏に成りそうです。
    アベッチがどういう判断、振る舞いをするものか、
    おバカな都痴痔選なんかしてていのか?
    いや、都民には都議たちの都税の無駄遣いが気になりますが。
    と、なんだかんだ言っても、庶民には何も出来ませんが。
    欲しがりません、勝つまでは(笑)。

    稀勢の里、Imperturbability 泰然自若でワンダフルですね。
    日本国もアベッチも斯様に在りたいものです。

    無駄に暑苦しい長文、失礼いたしました。

  4. お頭さん、おはようございます!

    南沙諸島、火種ですね。
    都知事選どこではありませんが、かなり危険な様相を呈してきたと思われます。

    長文に対して、短文のレスですが、ご容赦のほど(笑)。
    しばらくは静観ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>