白鵬のダメ押し、協会は反則負けを採用しては如何?

昨日の大相撲、リアルタイムで見られなかったので、朝になってからオンデマンドで観戦。適当に早送りしながら見ました。

われらが稀勢の里は同じ全勝の勢ですが、今まで10勝負けなしの相手とあって、少し時間はかけたものの、落ち着いた取り口で完勝。
琴奨菊も追い込まれながら逆襲の相撲で栃煌山に白星、 豪栄道は変わって白星などなど、荒れる春場所と言いながら、横綱大関陣は、星数の上は、当初言われたほど荒れてずに安定の中日になりました。

ところが、それはあくまで星数の上の話。ネットでも話題になっていた白鵬が黒鵬と呼ばれた、問題の相撲を見てみました。

ご覧になってない方は、こちらが昨日の白鵬vs嘉風戦です。

両者、血だらけになったのは結果だとしても、白鵬のあのダメ押しで逆鉾の井筒親方が救急車に乗ったそうです。これが素人衆の観客だったら、大けがかヘタすりゃ死んでいるところ。

柔道などだったら、はこうした危険行為は一発反則負け。
野球の危険球は即退場、サッカーの危険行為も一発レッドカードです。

大相撲協会も「ダメ押し」は理由の如何に関わらず、反則負けを取るべきではないでしょうか。
マゲがダメで、ダメ押しは良いというのもおかしな話です。

観客にケガ人か死人が出る前に、大相撲協会にぜひ検討してもらいたいものです。

 

白鵬のダメ押し、協会は反則負けを採用しては如何?” への2件のコメント

  1. こんにちわ。

    たまたまTVの横見(?)してましたが、呆気に取られてしまい、
    手が止まりました。
    ありゃあないわ、横綱資格剥奪、剥鵬でしょ???

  2. お頭さん、こんばんは!

    本人は否定だそうですが、”ひてい”話ですね・・・なんて、ウフッ♪ 

    ダジャレは別にして、かりにそうだとしてもダメ押しが多すぎる。
    ダメ押しをやる横綱なんていませんでしたから、そんなルールなかったけど、元力士が全治3か月、車椅子の可能性もありなんて、素人なら死んでます。
    死人が出る前に、ダメ押しは故意の如何に依らず反則負けにすべきでしょう。(代わりに流れでマゲにかかった場合は不問にするとかね)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>