雪の日に3時間も駅で待つ不思議

雪に弱い東京は、雪国のような除雪機やそれに備えるインフラがありません。

そりゃそうです。
年に2〜3回しか降らないものに、そんな多額のお金はかけられません。

だから雪が降って、東京の交通機関がマヒしても、それなりにガマン。
雪に強い東京を作るより、その場しのぎで何とかする方が安上がりだし、それはそれで何とかなるもの。

不思議で仕方ないのは、そんな時に3時間も駅で待たされてまで出勤しないといけないこと。

大雪 電車に乗れない乗客で京王線の駅混雑

サラリーマンでもないお前がそんなこと言うな、と言われそうですが、タダでさえ風邪をひきやすい季節なのに、3時間も寒空で凍えて体に良いワケがありません。

会社にそこまでして、その日やらないといけない仕事があるなら別ですが、 私もサラリーマンを10年やってたことあるので少しは知ってますが、3時間も駅で待たされて出勤しても、そこで精力使い果たしてしまうので、ロクな仕事はできません。

ホリエモンみたいに「こんなん毎日やってるとかもうドエムとしか思えない」なんて発言もどうかと思うけど、そこまでして出勤することに、あまり意味があるとも思えません。

その日は有給にするなり、土日に仕事を振り替えるなり、部署によりけりですが、もう少しやりようがあるのではないかな。なんて、余計なお世話ですが、そんなこと思いました。

ムリして会社行くのはエラいけど、それで会社の業績が上がるわけでないしねえ。

みなさまは如何、お考えでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>