初秩父三峰神社

昨日は秩父は三峰神社に行ってきました。

友だち&クライアントに、「行く?」と聞かれて「行く」と気軽に返事したのですが、いざ行くと遠いのにびっくり。

小手指や飯能は有楽町線の終点でお馴染みの駅ですが、通るのも初めて。
池袋乗り換えでレッドアロー号が「満席」ということで、待ち合わせ時間に20分遅れの予定で、飯能から西武秩父に乗り換えました。

驚いたのが飯能からさらに1時間かかるということで、埼玉県って広いのねと実感した次第。考えてみれば秩父は山梨、長野、群馬との県境を接しているので、遠いのは不思議ないのですが、乗ってる間トイレに行きたくて脂汗がたら〜り。

車内放送で「4両目と8両目にトイレがあります」と聞いて、一安心した次第です♪

トイレから出て、落ち着いて外の景色を見て山深いのに二度びっくり。

聞けば山の高さは1000mから2000m近いとのこと。山梨、長野、群馬に接していることを考えれば当たり前なのですが、「遠い」と言いつつ、都心からこんな近いところにこれほど峻厳で山深い地域があるのにびっくりでした。

三峰神社にはレンタカーを借りて出発。

歩いて行けるだろう程度の認識で来て、三峰神社の遠さに二度びっくり!
途中、三峰神社の参道入り口というところがありましたが、そこから十重二十重に日光いろは坂のような急坂を果てしなく上っていきます。

信州の戸隠神社みたいに、山ひとつが神社なんですね。
歩いたら参道入り口から本殿までは、4〜5時間以上かかるかもしれません。
熊除けの鈴を駅で売ってたから、参道途中で出るのかもしれません。

神社の駐車場を前に1km先は、パーキング待ちの車で大渋滞。三峰神社はパワースポットとして人気だそうですが、都心からも手頃な位置なので来る人が多いのですね。
渋滞から1時間ほどでようやく神社に到着です。

三峰神社・・・行くと三度びっくりしたのは、そのスケールの大きさです。

参道入り口から車で行った距離にも驚きましたが、ほかにも奥宮までの歩きが90分(行きませんでしたが)など、とても1日で歩ける大きさではありません。

ここはヤマトタケルを祀る神社だそうで、同時に猪たちから農作物を守る神さまとして狼も尊崇対象になっています。
ワンちゃんの病気治癒祈願などで、大勢の愛犬家が犬を連れて来ていました。

神社に普通、こんなワンちゃんはイヌいものですがね・・・なんて、ウフッ♪

それにしても昨日、Facebookに三峰神社の写真をUPしたら、「初秩父とはびっくりです」とか、「良い神社だったでしょう! 遠いくて行きづらいけど大好きな神社です」なんて書き込みがいっぱい。

みんなけっこう行ってるのね(笑)。

パワースポットの名は伊達じゃなく、神社独特の澄み切った空気は何とも気持ち良いもの。

3時間ほど散策したあと、麓の先にある大滝温泉でひと風呂浴びました。
湯船に浸かってリラックスしてたら、石ちゃんこと、ホンジャマカの石塚英彦さんが入って来ました。力士並みのお腹。
子供が指さしているのに、静かに微笑んでいました。

あの顔は見間違いませんが、実際のお顔は物静かなインテリさんでした。

駅前の秩父仲見世通りで味噌と醤油を購入。
秩父の店は閉まるのが早く、帰りが危険ということもあって、所沢のホルモン焼き屋さんで一杯。よく動いた一日でした♪

 

初秩父三峰神社” への2件のコメント

  1. こんにちわ。

    こちらへは幼き頃参りました。
    幼くて感性が鈍かったのですが、今思い返すと、荘厳さを感じます。
    門はこんなにカラフルだったっけなあ?

  2. お頭さん、おはようございます!

    >門はこんなにカラフルだったっけなあ?

    幼い頃の記憶というのは、意外にたしかなものですね。
    こちら比較的最近になって修復したものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>