天ぷらにはやっぱり藻塩だろう!

ヤーコン、山芋のサラダ

先週、山ね家で遅い新年会をした時のお皿です。
ここで天ぷらを注文する時に出る藻塩で必ず講釈するウンチクが、百人一首の編者・藤原定家が詠んだ歌です。

「来ぬ人をまつほの浦の夕凪に 焼くや藻塩も身も焦がれつつ」

来ないあの人を思いながら、私の心はこの藻塩のように焦がれています。という意味で、藻塩とは海藻を焼いて採る塩のこと。
でも、このウンチク・・・あんまり面白くないのか、みな私のダジャレ以上にスルー気味ではありますが(笑)。

とにかく私は天ぷらには天つゆでなく、藻塩派。
話は違いますが、成城石井のプライベートブランドに「藻塩せんべい」という塩せんべいがあり、これが淡路島の藻塩を使っています。
これが旨いんだ♪

この淡路島の藻塩というのが、まさにこの定家の歌に詠まれた松帆崎というところ。

定家の歌はダテじゃないってとこでしょうか。

こちら安納芋の天ぷら。奥に見える箸の皿が藻塩です♪

お麩の田楽。仕事がないときは私は毎日オフ・・・なんて、ウフッ♪

京都湯葉の刺身。

刺身盛り合わせ。手前の白黒は珍しいサヨリの刺身です。大女優吉永サヨリ・・・なんて、ウフッ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>