花風社セミナー〜栗本さんに新しいお姉さまができました♪

先日、花風社さんのセミナーの話を記事にした時、「次回はニキさんの話を」と言いましたが、どう書こうか思案していたところ、あ@花さんのブログにこんな一文が書ありました。

ニキさんご自身が、あまり内容の公開を好まない方です。
当日いらした方にフェアでありたいという気持ちの表れだと思います。

そうそう。
そーなんです。ニキさんご自身が知らないところで自分の話を公開されるっていうのは、ご本人の望むとこじゃありません。
また、当日お金と足を運んでくれたお客さまのためにも、私のブログでそれを公開するのは本意じゃありませんよね。

というわけで、今回は栗本さんにお姉さまができたというお話を♪

話にまったく関係ない写真ですが、静岡市内でお洒落な店の建ち並ぶ鷹匠エリア、その一画にあるバールビスクのポークステーキです♪

え? 栗本さんの新しいお姉さまって、いったい誰だって?

アンタ。そんなん、決まっとるやないですか〜。
栗本はんの黄色い本を出してる、あの版元の美人社長でんがな(ふろむニセ関西人)♪

栗本さんは施術に関しては「超」をつけてもいいほど一流の方ですが、それを他人に伝達するとなると、まだ不十分なところがあるようです。

それを社長はんがダメ出しをしたりと、熱心に稽古をつけて、かわいがってあげてる様子がセミナー後の懇親会でも全開。
それを見た参加者の皆さんが「栗本さん、新しいお姉さまが出来て良かったね〜」と口々に祝福をばいたしました♪

これで花風社読者のみなさま公認の義姉弟が生まれたわけですが、当の栗本さんは何だか、いじけキャラ全開の不満顔です。

「オレ、たしかにお姉さんほしかったけど、どうせならメーテルみたいなお姉さんが良かったよな〜」。

め、め、めえてるうううううううううう???

めめめメーテルだとおおおおおおうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお、稀勢の里おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!

く、栗本はん。世の中、メーテルや星明子みたいなお姉さんなんて、おりゃしまへんで(再度ニセ関西人)。

弟ひとりの長男の私には、姉妹のいる人の気持ちはわかりませんが、私の友人には5人兄弟で、上4人が姉という人と、下にひとり妹、上3人が姉という人がいます。

どちらも共通してるのは、姉には絶対逆らえないってこと。

上4人が姉の人は、もう還暦近いのですが、何となく女性が警戒しないタイプで、どうやら、かわいがられキャラ(ホントの意味で)。いい年をして、なんとなく甘えん坊キャラが抜けません。

もう1人は、上3人が姉の人は異様にお姉ちゃんたちを恐れていて、とにかく会う時は絶対服従なんだとか。頭も切れて弁も立つ人なんですが、姉の前ではひたすら大人しくしてるんだとか。

これが母親と息子だと、もう少し関係が甘くなるんでしょうけど、姉はまた関係が違うんでしょうな。私にはよーわかりまへんが。

ともかくもメーテルより、リアル世界の姉に近いお姉さまが出来たわけですから、こりゃ言うことありません(笑)。

と言うわけで栗本さん。
新しいお姉さまの言うことをよく聞いて、より多くの人たちを治してくださいね。

そうそう、お姉ちゃんがススメる本は極力読んだ方がええですよ。

必ず良いことがあるのは、この私が保証します。

まあ、お姉ちゃんの見張りがウザい気持ちはよくわかりますが(笑)、真正面から稽古をつけてもらえば、きっと番付もますます上がることでしょう。

加えて言うとニュー姉の旧姓と、栗本さんの「大家さん」が同じ姓だのこと。同じ神奈川出身ですから、もしかすると何か深いインネンがいんねん・・・なんて、ウフッ♪

さーて、私はお仕事お仕事。
今日も一日、がんばろう!

 

花風社セミナー〜栗本さんに新しいお姉さまができました♪” への3件のコメント

  1. ども。姉です。
    メーテルっていうのがまたイタいですな。そこで二次元に求めるなっていう感じです。ところで一つ事実誤認がありますので訂正を。私の旧姓と同じなのは、栗本さんの「大家さん」の旧姓です。もともとうちの実家は栗本さんちの方にいて、明治維新後青雲の志を抱いて中央ににじりよってきて、先々代は湘南、先代は横浜西部、現在私が横浜北部までたどりついているのいうのがイマココです。山にいた頃は大地主だったそうですから、熊と相撲をとったり、ジビエしたり、栗本さんのご先祖をかわいがっていたのかもしれません。
    これまでなぜか九州や北海道など遠いところの著者が多かったのですが(そしてその人たちを訪ねて北海道も九州も大好きになりましたが)、同県人と本を作るようになるとは思いませんでした。これからもせっせとかわいがろうと思います。では。

  2. 間違ってた。再度訂正を。私の旧姓と同じなのは、栗本さんの大家さんです。それと、私のすすめる本を読むといいことがある、って画伯はよくおわかりだと思うんですけど、すすめてもなかなか読まないんですよ栗本さんは。困ったもんですわ。
    では。

  3. あ@花さん・・・じゃない、お姉さま、
    ようこそ、いらっしゃいました。

    まったくメーテルとは困ったものですな。
    そもそも現実にあんな人がいたら、かえって怖くって仕方ないと思うのですがねえ。

    仕方ありません、
    栗本さんがこわれない程度に、
    さらなる稽古をつけてやってください。
    やっぱりバランス悪いわ、あの人。

    とは言え、彼は余人にないものを持っていますから、
    勧めた本を読まない、いじけるなどの欠点があっても根気づよく
    かわいがってほしいものです。

    案外、一番根気がいるのはあ@花さんだったりして。

    まったくメーテルとは、先がめーてる(見えてる)ような発言ですな
    ・・・なんて、ウフッ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>