ネパール人のインド料理店

すっかりカレーづいてますが、赤坂プルデンシャルビル下に出来た「サパナ赤坂店」に行ってきました。

ここは水道橋に本店がある基本ネパール料理店なのですが、ネパールの料理ってカレーはほとんどインド料理と変わらず、それにネパール餃子のモモや焼きそばが加わったスクランブルな料理です。

東京のインド料理店で働く人の多くは、ビザの関係だかわかりませんが、ネパールやパキスタンの人が多く、インド人は意外に多くありません。

で、昼に行ったら広い店内が激混み。
並ぶまでは行きませんでしたが、かなりの繁盛です。

メニューを見たらトムヤムクンからガッパオ、モモなど、どこの料理だかわからない節操のないメニューですが、意外にカレーは及第点以上。
ただ、付け合わせのタンドリーチキンはない方が良いくらいだなあ。

あとで聞いたら、タイ料理が作れるシェフが1人居るので、そのようなメニュー構成も可能なようです。フレンチと和食、中華のシェフがいるなかむら食堂みたいですね。クオリティはわるくないのもそういうわけなようです。

7種類のカレーが選べる上、7段階の辛さが選択できるのはなかなか。店内やや混乱もありましたが、この選択をこなせるネパール人の組織力はなかなですね。
日本人とネパール人は親和性が高いと思いますが、それを感じた次第です。

今度はタイ料理かモモでも注文してみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>