ピッツェリアに私の絵が・・

恵比寿の「ピッツェリア・ドーロ」という店に、ハチミツをかけて食べるピッツァがあるというので行ってみました。

席についたところ、その正面に私の絵が飾られているのにびっくり!
実物は実家に飾られています(最初に気づいたのは、一緒に行った友だちでした)。

「この絵、いったいどこでどうしたの?」

「は? この絵に何かございますか?」

「いや・・・この絵描いたの、私なんだけど」

「えええええ!? ももももも、申し訳ありません!  す、すぐに撤去します!」

「人前に飾られてるのは良いことなんだから、撤去なんかしなくていいよ。でも、いったいどこから引っぱってきたの?」

「イタリアで検索したら出てきたんです。申し訳ありません」


無断でプリントして店に飾るのは感心しませんが、こちらはディズニーやドラえもんとは違います。

むしろ、どちらかといえば露出してくれるのは有難いのですが、いちおう著作権者ですから、無断借用を黙ってるわけにもいけません。

「今度は断ってね」とやさしく言ってあげました(ホントです)。

次に私が行く時までに、小さくても良いからどこかに名前を入れておいてくださいませ

店の人は絵を気に入って飾ってくれたわけだし、何より謝る態度が良かったので、こちらとしてはさほど悪い気分ではありませんでした。

ピッツァは近頃珍しい、ローマ風カリカリピザ。クアトロ・フォルマッジョにハチミツと胡椒をかけて食べるのは新機軸でした。

ただ、ヤマガタ・サンダンデロにしても有楽町のマ・メゾンにしても、店に飾る絵は画家に依頼しています。
今度は正式に依頼してくださいね、ピッツェリア・ドーロさん。 壁画でも何でも良いものを描いてあげますよ。

 

ピッツェリアに私の絵が・・” への4件のコメント

  1. こんにちわ。

    >何より謝る態度が良かったので、

    いよっ、ニッポン男子!!???

  2. 私は絶対にそんな店行かない。
    パンにジャム塗るのも好きじゃないし。

  3. お頭さん、おはようございます!

    >いよっ、ニッポン男子!!???

    いや。
    良いと言っちゃったんで、取り消しませんけど、別に日本男児と言われるようなことでも。

    関係ありませんが、本日旅行会社の人とアセナでディナーです。

  4. あ@花さん、おはようございます!

    お頭さんに書いたレスの通りです。
    文中、一番最後だけ書き加えておきました。それが言いたかったことかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>