どうなる都知事選〜小泉氏のツイッター、本物でした

絵画教室の細はこちらから

小泉氏のツイッター、本物でした

いや、晩節を汚すとはよくぞ言ったものです。

小泉元総理、現役の時には歴史に残る総理大臣だと思っていましたが、脈絡ない脱原発発言をはじめ、今回の都知事選の細川元総理フォローといい、ほとほと失望しました。

風の噂で、小泉元総理。
台湾の位置にマダガスカルを指したというエピソードがあり、真偽のほどはさておいて(ホントだそうですが)、なんだ、ただの目立ちたがり屋だったのかと思われても仕方ありませんね。

そもそも、なんで原発のない東京都に脱原発が争点になるのか?

東京都が最大の電力消費地域であることは間違いありませんが、それはいくらなんでも話が違いすぎやしないか?

山本太郎氏に入った30数万票が、細川元総理に入るのか?
それともその票が舛添氏に分かれることになるのか?

うーん。

都知事選について、思ったこと書こうとしたけど、そもそも、どうして選挙をしないといけないのかが釈然としないため、どうも筆がのりません(だったら書くなって話ですが・・)。

ほかの県の方、この都民のもどかしさ。
わかっていただければ幸いです。

順当に考えると舛添氏でしょうけど、あの人は女性に人気がありませんね。

左の方には目を剥かれそうですが、消去法でいくと、個人的には田母神閣下ということになるでしょうか(また右翼のブログと言われそうですが)。

田母神氏は航空自衛隊幕僚長だった時、村山談話を否定した論文を発表して更迭された人です。当時のメディアの取り上げられ方は「戦争を肯定してる」「右翼」という書き立てられかたでしたから、そんなイメージが強いようですが、論文自体は(私は未読)ごくまともなものだということです。
(論文については、ここで書くとややこしくなるので、また別の機会に)。

航空自衛隊幕僚長まで出世した人ですから、能力的には東京オリンピックのセキュリティ、リーダーシップといい、申し分ない人物ですね。
また、ダジャレ好きだそうなので、個人的には人柄も信頼できそうです (あくまで個人的にですが)♪

ただ欠点を上げるとすると、仮にこの人が都知事になった際、中韓の反応がいかに凄まじいものになるか。

そしてメディアのバッシングが、あることないことを書き立てて、あの手この手で引きずり降ろそうとすることが想像にかたくありません。

いずれにせよ、今更ながら猪瀬さんで良かったのではと思うこの頃です。

どうなる都知事選〜小泉氏のツイッター、本物でした” への4件のコメント

  1. 組織票で、三白眼が圧勝、悪夢以外の何物でもないですね。
    だからぁ、街頭演説に動員する必要ないのかなあ???
    あとですね、やっぱ鉛筆書きはいけないと思います。
    票の読み取り機で改竄出来るかも知れませんからねー???

  2. お頭さん、おはようございます!

    レスが遅れて失礼いたしました。
    組織票って、あの組織票ですか。
    いけませんね。

    >票の読み取り機で改竄出来るかも知れませんからねー???

    それって、やっぱり・・???

  3. 秘密の話ですが、昨夜某居酒屋で、某公人と話しました。
    大殿とライオン元宰相とのタッグを某公人はその日見学したのですが、
    ライオン元宰相のマジックにすっかり魅せられてしまった自分が居た、
    と感激感嘆しておりましてねえ。
    そいつは大変だ、で、来年の選挙、どうするの?
    と思わず突っ込んでしまいました。
    上位(?)に位置する二人の議員のうち一人はただの人に成ったし、
    もう一人のトップも「売国的」発言がこの頃目立つし、
    庶民派のこの某公人の悩みは尽きず深化するばかりかと。

    にしても、事実真実を「報道しない自由」のマスコミですが、
    特に都知事選挙、
    政府のナントカ費が十数億円マスコミへバラ撒かれているから、という話も。
    老々候補連の熱狂を、公平平等に垂れ流したら、
    与党の候補は間違いなく当選しないでしょう、とは某公人の見立てです。
    某公人の立場ではそれもまた良し、ですが、
    ライオン元宰相に玉を握られたので、迷い道クネクネです。
    更に、老々達は新党立ち上げるのでは、とも感じたそうです。
    もうそこ行け、と乾杯しておしまい???

  4. お頭さん、おはようございます!

    うーん。
    ややこしい話ですな。

    飯食いながら聞いた方が良さそうです。
    それ、モトにして記事書きましょう。

    また近々如何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>