靖国参拝・風立ちぬ・永遠の0

絵画教室の細はこちらから


表参道は明治神宮前にある「bills」という、シドニー発の人気のお店のリコッタパンケーキ。
ふんわりした食感が何とも言えません。

新年はDVDで、今さらながらヘルツォークの「アギーレ/神の怒り」と「フィツカラルド」を見ました。どちらも凄い映画でした。

双方とも南米アマゾンの開拓が舞台になっているのですが、共通してキリスト教の宣教師がインディオの回心に苦心するという場面が出てきます。

作品を見る限りでは、ヘルツォーク監督が熱心なクリスチャンには思えないのですが、あらゆる原始信仰をキリスト教より下に見る、宣教師、あるいはクリスチャンの考え方というのは何とかならないものでしょうかね。

人の国や地に勝手にズカズカ入っていって、「お前らの信仰は野蛮だから、キリスト教に回心しろ」という、まさに日本語でいう「土足で人の家に入る」行為(もっとも、あちらは部屋に入る時も土足だから、その言葉は通用しないか・・・)。

干首にされたり、胴体だけ発見された宣教師のエピソードが、妙に小気味良く感じる私のへそが曲がってるのかわかりませんが、大航海時代に宣教師が布教に訪れた多くの地が植民地化されている事実があります。

さて、昨年26日の安倍総理の靖国参拝から10日ほど経過しましたが、この時期に米国副報道官が「中韓との対話を」という声明を発表。

内容の全貌を原語で聞いたわけじゃないので、その辺りは何とも言えませんか、どんなメッセージを出したにせよ、いい加減アメリカさんも静観なさってくださいよという感じです(なんせ、ベトナムもイラクもアフガニスタンも、ぐちゃぐちゃにした張本人ですからね)。

あ、ヘルツォークの映画の宣教師は米国じゃなく、スペインですけどね。
同じキリスト教文化圏という、大雑把な意味です。すみません。

アメリカさんだって、アーリントン墓地へ墓参り行くんだから、靖国参拝もそっと見ていてくださいよって感じなのですが、米国はA級戦犯、B級戦犯を決めた本人ですから、立場上仕方ないのかもしれません。

ただ米国は東京大空襲や広島長崎の原爆で、何10万人もの民間人を虐殺してるのですから、あれこれ言える立場ではないはずです。

最初の声明は、中韓にある程度配慮して顔を立てたものだったでしょうから、百歩譲って納得するとして、10日近くたった今、さらに声明を出すとは内政干渉も甚だしい話です。

アメリカも一枚岩ではなく、様々な思惑が交錯した結果の声明だったのでしょうが、米国が声明を出せば、日本のマスコミは喜んで取り上げるのですから、同盟国としては一考していただきたいものだと思いました。

さてそんな意味で、「永遠の0」のような映画に、戦争を実体験として知らない人々が見に来るのは良いことだと思いました。

「九死に一生なら行くが、十死零生では行かない」というセリフ。

映画では、特攻は最低の作戦として描かれているのですが、それを見てか見ないでか、この作品を戦争賛美という人がいるのも不思議な話です。

宮崎駿監督は、零戦を描くことがなかったわけですが、司馬遼太郎が生前「坂の上の雲」の映像化をためらっていたように、自分が零戦を描くことによって、戦争賛美してるように思われるのをためらっていたのかもしれません。

この話題はまた後日、あらためていたします。

靖国参拝・風立ちぬ・永遠の0” への5件のコメント

  1. おはようございます。

    靖国参拝にビビッと感応して。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/03/2014010300552.html
    東京支局の方がこの認識ですから、議論は始められません。
    位牌も遺骨も無いのに。
    要するに、何が何でも先ず反日有き、なんですね。
    冷静に、客観的じゃなくてもいいけど、先ずは冷静に事実を知れよ。
    まあいいです。(ああ、情弱日本男子の見本のアッシ!!!)

  2. お頭さん、おはようございます!

    靖国問題が騒がれてきたのは、私が20代の頃だったと記憶しています。
    確かに、今まで何も言われてなかったのが、にわかに問題になったのは記憶しています(うちは当時、朝日新聞でした)。

    20代の頃はあまり、そんなことを考えていませんでしたし、アーチストはリベラルであるべしなんて考えだったので、何とも思ってませんでしたが、何か違和感はあったようです。

    それが腑に落ちてきたのは、最近になってからのこと。
    ずいぶん時間がかかったものです。

  3. >ずいぶん時間がかかったものです。

    同上。
    以前聴いていただいたか、我が祖母の話。
    アッシがご幼少のみぎり、ご近所の朝鮮人の方が何か失敗をやらかした。
    我が明治の祖母の反応は、
    「ああ、あれは朝鮮人じゃ仕方ありません(苦笑)。」というもの。
    譬えれば、赤子が粗相してしまったのは致し方ない、という自然な感じ。
    当時のアッシは祖母なのに白い目で見ました、人類平等なのに、と。
    今は、祖母は知っていたのだな、と思う次第。
    勿論、十把一絡げはいけませんが、昔の日本人は区別してたなあ、とも。
    昔の人の言うことは、聴くもんだ。
    取り立てて騒がず、毅然といたしましょう。

  4. 申し忘れました。

    中共も、南朝鮮も、北朝鮮も、総べては日本の国内問題です。
    総じては獅子身中の虫が騒いでいるのです。
    ですから、遣るべきは虫下しです。
    国内の拠点にミサイルを放つべし、です。

  5. お頭さん、おはようございます!

    >「ああ、あれは朝鮮人じゃ仕方ありません(苦笑)。」というもの。

    うーん。
    苦笑としか言いようがないですなあ。

    >総じては獅子身中の虫が騒いでいるのです。

    マスコミの中枢は意外に外国勢力はいないようですが、全共闘の生き残りみたいな人が多いそうですな。
    特に地元TV局はそれが顕著なようです。

    ところで都知事選、2月9日だそうですがどうなるでしょうね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>