猪瀬さん辞任〜政治家としてアマチュアだった?

絵画教室の細はこちらから


写真は銀座一丁目にある「天龍」の餃子。餃子は昔の中華の感じですが、味&ボリュウムとも言うことなしですが、お腹いっぱい食べたら晩飯はいらないって感じです。

猪瀬さん辞任。

どんな利権が絡んでいたのかわかりませんが、史上最大の得票数を獲得して当選した人が、歴代最短の就任期間で辞任というのは、何らかの悪意を感じぜにはいられません。

都議会の執拗な追求も正視に絶えられない見苦しさでしたね。
猪瀬氏のうろたえかたも、あまりみっとも良いものではありませんでしたが。

素人のわたくしには、辞任に追い込まれるまでにそういうバックグラウンドがあったか、知るよしもありませんが、猪瀬氏自身が言っている「政治家としてアマチュアだった」という言葉が、さまざまな意味で気になりました。

都議会の執拗な追求を見て思ったのは、政治的意図もあるのでしょうが、何らかの憎しみを強く感じました。
正視に耐えられない、いい加減にしてほしいと思う、あの執拗で醜い追求はそういった「憎しみ」なのではないかと思いました。

もちろん政治家ですから、 人からそう思われることも仕事のうちなんだけど、猪瀬さんに手心がなかったというのもあるんじゃなかろうか。

必要以上に憎まれたのかもしれないし、一方で、いざという時に味方になってくれる人もいなかったように思えます。
そういう意味で 「政治家としてアマチュアだった」のかもしれません。

そして何より徳洲会の5千万に手を出しちゃったというのが、そもそもの過ちですね。

あ@花さんに言わせると「橋下さんなら手を出さなかった」といいますが、たしかにそうでしょう。育ちの悪い橋下さんなら、逆にそんな裏がある変な金に手を出さなかっただろうにねえ・・・。

猪瀬さんが「生活の不安もあった」というのは、実に腑に落ちないような話ですけど、それも「政治家としてアマチュアだった」のだと思います。

それにしても、またも都知事選。
いい加減にしてほしいというのが都民の本音ですが、 いったい誰が東京オリンピックまでの舵取り(その間に代わる可能性アリですが)するのでしょう。

悩ましいところです。

どなたか、猪瀬氏辞任の背景。
複雑でひとつではないでしょうけど、ご存知の方はご教示のほど。

猪瀬さん辞任〜政治家としてアマチュアだった?” への2件のコメント

  1. こんにちわ。
    この件、委細は全く存じ上げませんが、(なのに言うか)
    花柳界の元お姐さん方に言わせると、
    生活のため、なんて言っちゃうからダメなんだよ、
    しらばっくれなきゃあねー、
    とのことでした。
    数多の昭和の政治家から政治屋、政商を身近に観てきたお姐さん方には、
    やはり素人、無粋、笑止な小心者としか映らなかったようです。

    アッシの実体験では、談志より下(?)な人物です。
    それはまたいつかに。

  2. お頭さん、おはようございます!

    >数多の昭和の政治家から政治屋、政商を身近に観てきたお姐さん方に
    >やはり素人、無粋、笑止な小心者としか映らなかったようです。

    うーん。
    あの姐さんたちは見るもん見てますからねえ。

    まだ作家時代、小学館のパーティーで見かけた人の話だと、
    あの頃で取り巻きがいっぱいだったそうです。

    >アッシの実体験では、談志より下(?)な人物です。

    今度、ゆっくりお話をお聞かせください。
    必要以上に自分を大きく見せたかった人だったのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>