左翼のリーダー×お題目と現実

新宿京王プラザホテルにて展覧会を開催いたします!
2012年12月1日(土)〜12日(水)(10:00a.m.〜7:00p.m.)

場所と時間はこちら!
 

 搬出を明日に控え何をしてるかちゅうと、出品作に 篆刻を押して下手くそなサインをしております(写真は曲がって見えますが、実物はまっすぐです)。

母とのコラボと言っても、特別なことはいたしません。
ただ、サインだけは書家と並べるのは僭越ですが、せめて書にそろえてみようと、旧作も含め、以前「山形山水図」の時に作った篆刻を押印し、漢字による署名に切り替えました。

これが意外に手間がかかり、全部サインするのに丸2日費やしてしまいました。
バカみたいですが、署名はやはり大切。仕方ありません。
さて昨日、日本未来の党・嘉田滋賀県知事の顔が能面顔だと申し上げ、左翼系のリーダー女性に多いと申し上げました。

この党はおそらく日本の政権に何の貢献もしないでしょうから、語るだけ意味もないのですが・・・ひとつ申し上げると、この顔の周辺から日本の教育がなぜうまくいかなかったか。そしてサヨク政権がうまく動かないかが浮かび上がってくると思うのです。

これは今まで、このブログで何度も言ってることの繰り返しになるのですが、左翼・・・共産主義を含めた革新というのは、「変革」を最優先にするだけで、着地点を考えない点にあります。

例えば教育に関して言えば、「自由」「平等」を優先するあまり、その結果どういう人間を育てるかというビジョンがない。

お題目、主義主張が最優先で、その結果得られる経済効果や利益を考えないのが左翼でもあります。だから、会社が利益を出してないのに「給料上げろ」ということを平気で言えるわけで、世界中で中国以外の社会主義国家が(実は中国は社会主義ではないが)すべて破綻しているのはこのためであります。
さて、今日のあ@花さんのブログには「医者も逃げ出す迷惑アスペルガー」の話がアップされていましたが、これも一部の支援者が現実を見ないで「障害者は社会が理解すべき」というお題目にとらわれた話に思えます。

社会が障害者を理解すべき。

それは真実ですが、何度説明しても自閉症と引きこもりの違いをわからない人もおりまして・・・その人たちはまわりにいないから、興味ないんですね。
困った話ですが、そういう人にまで「障害者を理解させる」ことはできません。
それが現実です。

日本の社会全体に覆い尽くされているのが、この現実を見ないお題目優先の空気だと思います。
今、北海道で起っている大停電。

北海道で停電が起れば、それこそ生命に関わることなのに、それに関して原発のことを誰も言わないというのも如何なものかと思います。

メディアも「脱原発」ありきで、「卒原発」などというおかしな日本語が平気で電波や活字に乗って流れてくる。

2週間後には選挙ですが、やはりここは現実路線を見ることのできる人を選んでいきたいですね。
官僚主導脱却とお題目をあげ、本当にそうしたら何も動かなくなってしまった政権になって3年。前回の反省を今回は生かしたいと思っています。

↓ こちらは額装され、搬出を待つ作品たちです。

 

左翼のリーダー×お題目と現実” への5件のコメント

  1. リンクありがとうございます。
    先日某所でお話しする仕事の際、学校が(とくに左巻き教員が)説く建前が自閉っ子にはとても誤解の種になっているという話をしました。
    一番顕著なのは金銭に関する言論なんですけど、大事なことを言い忘れたなあとあとで思い出しました。
    それは「平等」です。世の中平等ではありません。でも学校は建前上平等を説く。それを真に受けて世の中に出ると不当感を持ってしまう人たちなのですね。
    障害者の世界だって平等ではありません。ちゅん平のような努力家もいる。でも迷惑を平気でかける人たちもいる。そんなに違う人たちを社会が平等に扱うわけはありません。そしてそれは差別でも何でもない。
    そこをうちらの(ていうか私は化外の民ですが)ギョーカイでは「とりわけ傷つきやすい人たちのために」ごまかして話すのです。結果不利益を受けるのは「頑張ってる障害者」であり、一般社会なのです。
    我々社会人は、ギョーカイ受けではなく社会全体への貢献を考えて仕事をするべきです。それが私の信念なのですよ。
    また来ます。展覧会も行くよ。

  2. あ@花さん、こんにちは!

    >ていうか私は化外の民ですが

    ↑ ここ、笑うとこじゃありませんが、笑ってしまいました♪

    それにしても頑張ってる人が不利益を得るというのは、ひん曲がった世界としか言いようがありませねん。そして、あ@花さんのように、実害を受けた人もそうです。何もなければ、関わらず済む裁判に労力と時間を割かれたわけですが、もとはといえば、平等への誤解なんですね。

    建前上の平等の弊害は障害者でない人の間にも、社会の負債のようにのしかかってきていますが、いわんや障害者においては押して知るべしというわけでしょう。

    結果の平等の弊害・・・アスペルガーの人は極端に出ますけど、社会全体の病巣になっているように思えてなりません。

  3. こんにちわ、いよいよですね、コラボ展覧会。

    サインは上書きということなんでしょうか?
    上書きの前に、その部分を書き直しかなあ?
    それは会場でお教えいただければ幸甚に存じます。

    サインも画像で拝見するに、平等、公平とはいかないようですね???
    失礼の段ご容赦。
    ましてや、現世にはそれらは望むべくもなく。
    だから声を大にしてるんでしょう。

  4. イースト・ネーション・フィールド氏、
    我が東京1区は諦めて、
    近畿の比例、という高待遇らしいです?
    あーよかったぁ。

  5. お頭さん、おはようございます!

    >それは会場でお教えいただければ幸甚に存じます。

    おっっしゃる通り、それはブログではなく、お会いしたときに♪

    >我が東京1区は諦めて、

    うーん。
    立候補されても困るんですが。

    それにしても東京1区・・・悩ましい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>