日本未来の党〜人相見 首実検

新宿京王プラザホテルにて展覧会を開催いたします!
2012年12月1日(土)〜12日(水)(10:00a.m.〜7:00p.m.)

場所と時間はこちら! 

昨日は展覧会とまったく関係なく、新宿スタジオの人と打ち合わせ。
「高齢者のための自殺防止DVD」が完成したので、そちらのDVDをいただきました。

朝からヘビーでスミマセンが、上がその映像。
妻の脳梗塞から老老介護に務めることになった、林さん夫妻が心中に至るまでの痛々しい ストーリーです。
自分が描いたイラストがどんな処理をされてるか、見るまでわからないものですが、昨日、完成したものを見たところ、これがなかなかのクオリティでした。
私は作り手なので平気でしたが、これ見たら自殺は思いとどまるかも。


打ち合わせしたアジア会館での日替わりプレート。これで700円とはお得です♪ 

さて、そうした高齢者問題。
これからいっそう先鋭化されてくるでしょうが、おりしも昨日、 滋賀県の嘉田由紀子知事が中心になって「日本未来の党」とやらが結成されたニュースが入ってきました。

左翼の知事に小沢一郎氏、山田元農林水産大臣、山岡堅次氏らがくっつくという、鵺(ぬえ)みたいな組み合わせですが、みんな悪い顔をしているなあ。

小沢、山田、山岡氏の顔が良くないのは既知のこととして、嘉田知事がすごく悪い顔をしているのに少々驚きました。

政策じゃなくて顔の話なので、何の根拠もないと言われそうですが、わたしは絵描きなので顔の悪い人(美醜は関係ありません)には絶対入れません。で、どこがどう悪いのかというと・・・

嘉田知事の顔は、あの福島社民党党首や小宮山大臣などに共通する、いわば能面をかぶってるような顔ですね。

小沢氏らの顔は、無罪だが無実ではないといった悪いオーラが顔全面に出てるのですが、それが隠しきれておりません。ヤクザがヤクザの顔をしてるように、ある意味、わるいものが正直に出ちゃってます。

嘉田大臣の顔はそれとはちょっと違って、人間の内面ごと何かを隠そうとしている顔なのです。そうなると人間、笑うんでも怒るんでも、感情表現がぎこちなくなり、顔の上に一枚皮をかぶったような顔になります。

そういった顔をしてる時の人間は、まず本当のことを言ってないと判断して良いと思います。この政党・・・限りなく胡散(以下略)

この手の顔は左巻きの女性で、しかも人の上に立つ人に多いのが特徴です。千葉県の元知事や岡崎なにがし・・・えとせとら、えとせとら

続きはまた次回書くことにいたします。

日本未来の党〜人相見 首実検” への6件のコメント

  1. 能面。
    それだ!

    まああのへんはどうでもいいんですけどね。

  2. こんにちわ。

    マスオさんの仰るとおり。
    (アッシのは、いつも勝手な独り言でご迷惑、スイマセン。)
    日本列島から絶滅へと傾斜している日本人、人を見抜かないと。

    反原発、というなら、論拠の整合性に問題が有るが、
    老舗は共産党と社民党のはずだから、他党はそれに乗るか、応援しないと。
    選挙民も的を絞らないと。

    かなり放射線被害があふれてきていますね。
    世界は興味津々でデータを取っています。
    レミングの如く日本人は絶滅に向かって行進していますよ。
    収束は不可能ですから、今地下400mだそうで???、
    40年以上、じっと我慢かな。
    地表に残っている原発と燃えカスもどうするのか?

    さて、経済はCapitalisim(資本主義)がとっくに終わっていて、
    まっ、日本は「お上社会主義」、だって公共工事頼りでしょ、
    だから経済の仕組み初めから違ったんですけれど、
    今はCoporatism(企業至上主義)、経済マフィアですよ、
    国という括りは関係無し!、
    に成っていることを国民に啓蒙して、
    さて、それでもどうするか?、ということを考えないと。
    国民の生活ではなく、企業利益最優先ですから、
    99%の人類の中長期の展望(希望)は消えました。
     
     
    さて、こんな時にナンですが、K-popの消えた紅白、
    初出場の爺さん、「よいとまけ」なんだそうですが、
    以下をやらせたら、受信料にボーナス付けてあげようかな???
    特にファンでもないんですが、この爺さんが大昔、
    TBSの桜坂から一ツ木通りに下ってきた、真冬の夕暮れ、
    トップをオープンにした薄紫のロールズロイスを一人運転して、
    真っ白なファーをなびかせて、やはり薄紫の豪華ドレスをお召でした。
    ロケでもなんでもなく、オッサンの当たり前の日常なんですね。
    後光が差してました。
    呆然と立ち尽くして見入っている少年のアッシに微笑を向けながら、
    テレビ通り(現赤坂通り)に右折して、六本木に向かった(?)のでした。
    少年は、負けた、とうな垂れました。
    この爺さんに首相をさせた方が、よっぽどいいんじゃないか?
    と、やけくそです、よろしければ、気分転換(?)にご覧あれ。

  3. あ@花さん、おはようございます!

    >まああのへんはどうでもいいんですけどね。

    じつはわしも。

    この辺からサヨクと猿烏賊の話を引っ張ろうとしたんですが、タイムアウト。今日、書けたら書いてみます。

  4. お頭さん、おはようございます!

    >かなり放射線被害があふれてきていますね。
    >世界は興味津々でデータを取っています。

    これは聞き捨てならぬ。
    具体的にお聞かせいただければ幸いです。

    できれば情報元ソースも合わせて伺えればありがたいです。

    >今はCoporatism(企業至上主義)、経済マフィアですよ、
    >国という括りは関係無し!

    わたしは必ずしもそうは思いません。
    やはり企業あっての個人の生活ですから(会社が潰れりゃ、社員は路頭に迷う)、そこを最優先になるのは当然のこと。

    ただ、たいがいの会社組織というのは、個人はもとより国がどうこうというよりは、己の組織優先に動きますから、そのような舵取りしかできない・・・おお、これは元大手建設会社のお頭さんには釈迦に説法でやんしたな(ただ、本文にある『公共事業だより』というのは、いかにもそれらしい発想に思えましたもので)。

    その企業優先と言いながら、肝心の企業がふるわないというのも誠に痛し痒しというわけで・・・。

    >ロケでもなんでもなく、オッサンの当たり前の日常なんですね。

    サブちゃんかと思って、何だか変だなと思いましたが、美輪明宏さんなんですな。紅白は見たことないんで、よくわかりませんが。

    では、またのお越しを!

  5. おはようございまする。

    取り敢えず、
    >わたしは必ずしもそうは思いません。
    は、御意なのですが、会社は誰のもの?、社員のもの、
    或いは株主のもの、どちらもとアッシは思うのですが、
    オタガイサマが世界語に成れ!、
    いわゆる正社員でも別名従業員(株無所有)となると、
    社員は使い捨てに着想が行ったりして?、それが現状でしょうか?
    会社は社会の公器、という意味合いがとんと忘れられている現状です。
    飛んで飛んで、最終的には「幸せってなんだっけ?」でしょうか。
    なんで人類が滅びてはいけないのか?、とか。

    放射線被害は、新聞でも小さくちらほら見え隠れしていますし、
    WEB世界で検索すれば、それなりに発掘できます。
    ツイッターでも在ります。
    ジモティインフォメーションでも、フクイチ関係者で死者0、
    ではありません。
    これは堂々と(?)新聞TVでは隠されています(見たことないし)。
    伝えない自由とか権利も有るのでしょう。

    逃げる大根も、大丈夫でしようか?

  6. お頭さん、おはようございます!

    >社員のもの、或いは株主のもの、どちらもとアッシは思うのですが、
    >オタガイサマが世界語に成れ!

    そうそう、この点を忘れてました。
    これはお互いさまですね。

    株主は言う権利はあるけど、会社は株主だけのものではありません。
    社員も同様、そして社会のものでもあります。

    >会社は社会の公器、という意味合いがとんと忘れられている現状です。

    御意にございます。
    なんだ、お頭さん。はっきりしたこと言えるんじゃないですか。
    前言は取り消します。
    まさしく、その通り!

    >ジモティインフォメーションでも、
    >フクイチ関係者で死者0、ではありません。

    ぎょ、ぎょ、ぎょ!
    お頭さん、ぐたいてきなじょうほうを。

    けちんぼですね、小出しにしないで教えてくださいよって、
    そんなこと言ってるバヤイじゃないじゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>